ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

03-5843-8786
受付時間
14:00〜20:00(火〜金)

崖っぷちだった和紙靴下が大人気になるまでの復活ストーリー

崖っぷちだった和紙靴下が大人気になるまでの復活ストーリー
工場・職人紹介
2020.12.04
上泉 裕理
こんにちは!名古屋店の上泉です。

私も愛用している「和紙ソックス」。通気性抜群で消臭効果もあってとても気に入っていますが、しかし開発当初は、

「和紙の靴下って溶けちゃうんじゃないの!?」

という疑問からなかなか百貨店などで受け入れられなかったそうです。

一度は「和紙ソックス」の販売をあきらめたほど・・・。

しかし、徐々に時代が変化し、高機能ソックスを求めるブランドが増えてくるにつれて、あらためて和紙ソックスに注力した東洋繊維。ファクトリエとの出会いもあり、爆発的に人気ソックスへと変貌を遂げました。

今回は、東洋繊維がなぜ和紙ソックスを開発し始めたのか、そして人気が出るまでの苦労の道のりをご紹介いたします!
この記事にいいね
上泉 裕理
名古屋店の店長・上泉です。東京生まれ東京育ちで関東が大好き!そんな私が、2018年9月から名古屋店勤務のため名古屋に移り住みました。結果、名古屋が大好きに(笑)。名古屋で出会った熱いお客様や工場の職人の想いをお届けしていきます!