ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

03-5843-8786
受付時間
14:00〜19:00(火〜金)

80年のBag作りは伊達じゃなかった!革の裁断から違うベテラン職人の技

80年のBag作りは伊達じゃなかった!革の裁断から違うベテラン職人の技
商品深掘り
2020.09.07
羽田野 真衣
香川県で80年にわたりバッグを作り続ける工場「エールック」。そして同じく香川県の名産である「オリーブオイル」。

この両者がタッグを組んで生まれた世界初のオリーブオイルで加工した革「オリーブレザー」を使った革づくり、そしてバッグ作りのこだわりと熱意をコンシェルジュの深井さんと竹村さんがお届けします。
《登場した工場はココ!》
香川県のバッグ工場「エールック」
エールックが地元・香川県特有の製品を作れないかと考え注目したのが、特産の「オリーブ」。このオリーブを皮をなめす工程に使用することで、独特の風合いとゆっくりとした経年変化が楽しめる“オリーブレザー”が誕生しました。

※オリーブオイルを皮にしみこませる工程の難しさはぜひ動画で。
250工程を経て作られるバッグ。
珍しい分業だからこそ生まれる品質
一つのバッグは60ものパーツから成り立っており、およそ250の工程を経て完成します。通常バッグを一つ作るのは、一人の職人が全行程を手がけることが多いんですが、エールックではあえて各工程を分業で行っているんです。

何十年も同じ工程を担当している職人もいて、ある意味、一工程を極めるその道のプロ。熟練した技術を持つメンバーがチームワークを発揮し、みんなで1つのバッグをつくる、それがエールックのやり方なんですよ。
動画でも紹介される「こだわりの持ち手(ハンドル)」は一級品。
持ちやすさ、美しさ、そしてオリーブレザーの優しい光沢となめらかな肌触りを楽しんでくださいね。
この記事にいいね
羽田野 真衣
お客様サポートや直営店リーダー等、幅広く担当しています!これまで約1,000人のカラー診断を行った経験から似合う色だけでなく、自分と向き合うお手伝いができればうれしいです。職人の想いだけでなく、モノ選びのコツもお届けしています!