-望月 律子(スタイリスト)× 山田敏夫(ファクトリエ代表)

山田:
今回は、望月律子さんにお話を伺って行きます。宜しくお願い致します。
望月さんは日頃から「ブレないベーシック」がおしゃれの基本だとおっしゃっていて、ベーシックスタイルを提供しているファクトリエとは、共感できるところがあるのでは、と勝手に思っています。

望月:
スタイリストとして、いろいろなスタイルに挑戦してきて、やっとたどり着いたのが、「ブレないベーシック」なんです。
私は、おしゃれを本当にいろいろな人に楽しんでもらいたい、その人らしい着こなしをしてほしいと思ってスタイリングしているのですが、それが一番楽しめるのが、ベーシックだと思っています。 私の本では、いろいろなベーシックスタイルをご紹介していますが、どれも一例にすぎなくて、その人の「マイベーシック」は、楽しみながら見つけて行ってほしいと思っています。

山田:
なるほど。とはいえ、望月さんのように、たくさんの服の中から選び出せる人はなかなかいないですよね…。

望月:
そうですね。なので、少しでも参考になればと思い、雑誌のお仕事をしたり、個別にスタイリングのアドバイスをして差し上げたりしています。特に、直接お会いしてお話することで、私の方がお客さまから刺激を頂くこともしょっちゅうあります。 その中で、私が自信を持ってお勧めできるアイテムとして、トレンチコートやシャツはなくてはならない存在です。

山田:
望月さんとは、同じく人気スタイリストの大草直子さんのご紹介でこうしてお会いできたのですが、大草さんが、「シャツと言えば望月さん」とおっしゃっていたのが印象的です。日頃からシャツスタイルがお好きなんですか?

望月:
シャツは、コーディネートにシャツを取り入れると、シャキッとして、ニットとは違う緊張感がありますよね。なんというか、それが素敵だと思うんです。
あと、私はクールな着こなしをお勧めすることが多いのですが、凛としたカッコ良さの中に、女性ならではのやわらかさも、さりげなく取り入れたいと思っています。 シャツは、素材や襟の立たせ方、袖のめくり方などの細かな工夫で、そういうフェミニンさも良い塩梅で入れることができるんです。

山田:
今回ご一緒させていただいたシャツも、かなり細部までこだわって作りましたね。

望月:
本当に、ミリ単位で調整しましたよね(笑)

こだわりのシャツは、着こなしの工夫をしてみる“きっかけ”に。

山田:
そんなこだわりのシャツ、どのように着こなしたら良いでしょうか。

望月:
どんなときでも、どんなスタイルでも使いやすいベーシックな作りにしたので、気軽に取り入れてほしいです。 たくさんシャツを持っているんですが、なかなか納得のいくものってなくて。今まで「こうだったら良いのに」と思っていた要素を全部取り入れて、生地感、ボタンの位置、襟の大きさなど、全てにこだわって作りました。

襟がキレイに立つけれど、バリッと固すぎず、ボタンは2個開けるとネックレスがきれいに見えるけれど開きすぎないんです。
あと、今年はボタンを一番上まで閉めるスタイルも流行っているので、襟が大きすぎない方がバランスが良いんですよ。 素材も、ほどよく光沢感があって、洗濯すると表情が変わると思うんですが、1枚で着ても十分にカッコいいので、シンプルにデニムと合わせてみてほしいですね。

山田:
今日の望月さんの着こなしも素敵ですね。

望月:
ありがとうございます。 私は普段から、何よりも「おしゃれを楽しんで頂きたい」と思ってスタイリングしているんです。流行ものだけじゃなくて、ベーシックで、その人の内面が表れているような服装が素敵だと思いますし、それを見つけられたときってすごく楽しいんですよ!
このシャツは、どんなものにも似合うように作ったので、そういう自分らしい着こなしを見つける工夫を楽しむ、きっかけになったら良いなぁと思っています。

山田:
本日は素敵なアドバイスをありがとうございました!