ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

待ちに待ったパンツが完成!
“はいてない感覚”になる
次世代版スウェットパンツ

「次世代版スウェットパンツが完成しました!」

世界的スポーツブランドのユニフォーム作りなども手掛ける、福井県のアパレル工場「アタゴ」。この工場の商品開発担当者が語ったこの言葉には嘘はなかったな、というのがこのパンツをはいた瞬間に感じたことです。

どこがそんなに違うのか。それは、

■アタゴオリジナルの生地「NOBILUZA®」の圧倒的ななめらかさが、気持ちさを通り越して快感であるということ。
■股下に加えられた“マチ”によって足を高く上げる動作や座る動作にストレスゼロ。
■深く屈伸をしても、生地に膝の形が残らない。
■ジョギングなどにも使えるスポーツテイストながらスタイリッシュなシルエットなので、Tシャツはもちろんきれいめのドレス系シャツにも合う。

など、このジョガーパンツに虜になってしまう魅力はたくさんあります。

同工場が手がける大人気アイテム「エアーブルゾン」「テンションレスボクサーパンツ」に続く、第3弾企画の「NOBILUZA®」を使ったこの「エアージョガー」。その魅力をたっぷり詳しくご紹介していきます。

驚くほど軽く、高い伸縮性
アタゴ独自素材「NOBILUZA®」

アタゴが独自開発した「NOBILUZA®」は、エアーブルゾンの生地にも使われているのでファクトリエではおなじみの生地となりました。

特殊な編立と加工により、ポリウレタンのような伸縮素材を“使わず”に、非常に高いストレッチ性を誇る生地。ポリウレタンは長く使うと経年劣化して、伸縮性が損なわれることがありますが、このNOBILUZA®ならその心配もなく長く使えるというのがポイントです。

▲形態回復性も非常に優れているので、「バギング」と言われる膝抜け(膝の形が残る)も起こりにくい。

はいた瞬間に“はいてない”感覚に!?
3層構造による空気層が軽さを生む

段ボールの断面を横から見ると、3層構造になっていますよね?
「NOBILUZA®」はそれに近いイメージで、つまり、編みと編みの間に「中空空間」が存在するという珍しい生地。それにより、しっかりした生地なのにはいた瞬間から“パンツをはいていないみたい”という不思議な感覚を覚えるほど軽いパンツに仕上がっています。おでかけ着としてはもちろん、ジョガーパンツらしくジョギングにもとても適していますよ。

ちなみに、エアーブルゾンよりもわずかに厚めです。スリムシルエットのため足のラインを拾いすぎないように配慮した結果です。ただ、はくとその厚みは全然感じません。

“真夏は少し暑く感じるかもしれない”という開発担当の意見もありましたが、実際に気温30度の中で歩行してみ感覚としては全く気にならなかったので、夏にもおすすめです。

股下のマチが動きやすさをさらにUP

一般的にジーンズやチノパンなどのパンツは、前と後ろの2枚の生地を縫い合わせて作られていますが、この写真を見てわかる通り、股下からお尻にかけてもう1枚生地が使われています。

そうすることで股下にしっかりと幅が生まれ、歩きやすさや椅子に座る動作が驚くほど快適に。運動前にする開脚屈伸をすると、ストレスゼロのその動きやすさに感動すること間違いありません。

股下のマチ以外にも体の動きを想定した立体的なパターンも高い動きやすさにつながっています。

スウェットとは思えない
スタイリッシュなデザイン

ジョガーパンツのルーツはジョギング。つまりジョギングに使っていたパンツをファッショナブルに進化させたパンツのことで、今ではすっかりメンズアイテムの定番になっています。

ただ、スポーツテイストが強いと日常使いしづらいため、今回のエアージョガーで意識したのは、

・スポーツテイストを取り入れつつスマートな印象を与えること
・従来のスウェットイメージを払拭するスタイリッシュなデザイン

の2点。一言で言えば「きれいめのジョガーパンツ」です。

▲膝から裾にかけて、グッと絞りを入れて足のラインがきれいに出るように。ちなみに、世に多く出回っているジョガーパンツには、膝あたりに1周ぐるっと縫製がされているものも多いんですが、そうするとラフな印象が出てしまいます。そこでエアージョガーでは膝裏のみにステッチを入れているのも“きれいめ”に見せているポイントです。この膝裏の切り替え位置や全体のパターンは、アタゴ社内で何度も試作を繰り返し、こだわりが詰まっています。

家でしかはけないようなスウェットから、街着としてはいても恥ずかしくないパンツに仕上がっていますよ。

カラーはブラックと杢グレーの2色。

ちなみに、エアーブルゾンと生地の厚みが若干違うため全く同じブラックではありませんが、言われないと気がつかないほど一見するとお揃い感があって全く違和感がありません。

パンツ自体がきれいめなのでもちろんきれいめのシャツとの相性もばっちり。ジャケットとも相性の良いパンツです。ブラックよりも杢グレーのほうが少しカジュアル感があるため、杢グレーならTシャツの上から「今治タオルのライトジャケット」のような少しカジュアルめのジャケットを合わせるのもおすすめです。

なお、熊本本店店長の小林さん曰く、「スラックスをはくようにぐっと上まで上げてしまうと股間が強調されるため、腰パンまではいかずとも、ほんの少しだけ下げてはくのが個人的なおすすめです。」とのこと。

また小林さんは、身長170センチ・体重70キロでLサイズがジャストフィット。ちなみに座るを快適にするパンツはLサイズ、ジャパンブルーのスキニージーンズは33インチがジャストです。参考にしてみてくださいね

▲しっかりした厚みがあり握りやすいウエストの紐。先端の金具もスタイリッシュです。杢グレーの紐は本体よりも少し濃いめのチャコールに。このチャコールの色合いもしぶいです。ブラックと杢グレーを履き比べたときにこのチャコールの紐に惚れてしまう人もいるかもしれません。

右ポケットにはスマホ用の
ポケットインポケットが

メッシュ素材のポケットは通気性も抜群で、うれしいのが右ポケットにはスマホをホールドできる内ポケットが付いていること。スマホをポケットに入れた際、「気づいたらスマホが横を向いていた」なんていう経験はあると思いますが、それを防いでくれますよ。

また、伸縮する生地なのでポケットにたくさんものを入れることも想定し、座った時に中身が落下しにくくなるよう、ポケット位置を少し前側に配置しているんです。なかなか気づきにくいんですが、使い手への想いが宿っている部分です。

ポケットをたくさん配置してものを入れるとどうしても動きにくくなるので、あえてお尻ポケットはありません。「財布をお尻ポケットにしまいたい」という方にとってはマイナスかもしれませんね。

ただし、このパンツは「なるべくものを入れずにはきたい」という気持ちにさせてくれます。きっと「このパンツをはきたいから、荷物はこれにしよう」という“エアージョガー基準”で持ち物を選ぶようになるかもしれません。それくらいの自信をもってお届けできるパンツです。

▲ロゴはシンプルにウエスト内側にプリント。スマートパンツなので表にロゴを出さず控え目にしているのもこだわりポイントです。

アタゴの開発者に聞いた
エアージョガー開発への想い

エアーブルゾンに続き、このパンツを開発したのがアタゴの三田村さん。

「エアーブルゾンを作っている時から“この生地でパンツも作ってみたい”と考えていました。個人的には海外出張が多く、機内泊をしてそのまま出張先へ出向くということがあったので、機内で快適に過ごせて、なおかつ仕事にそのまま着て行けるウェアがあればと思ったところがパンツ作成の始まりです。

初めは自分が持っていたサルエルパンツに合わせてファーストサンプルを作成しました。そのサンプル作成している時に、ちょうどファクトリエさんから“エアーブルゾンのパンツ版展開もいいのでは?”と背中を押していただき、そこから『スウェットの次世代版』を見据え、オシャレかつ快適なパンツを目指した開発がスタートしました。

ただ快適なだけではありふれた商品となってしまうので、ウェスト周り、着用時のヒップの形や股下の形、ポケットに物を入れた状態まで意識して、何度もパターンメイクを繰り返しました。試行錯誤して完成した商品ですので、タウン着としても恥ずかしくなく、ちょっとした運動もでき、部屋着としても快適なウェアに仕上がったと思っています。」

三田村さんやアタゴの職人のみなさんの想いと技術が結集したエアージョガー。
ぜひお試しくださいね。

■お手入れについて

・濡れたままで長時間他のものと一緒に置いておくと、色が移る恐れがありますのでご注意ください。
・洗濯ネットを使用して洗濯してください。
・ロゴのプリント部分はアイロンをかけないでください。

FACTORY

合成繊維名産地・福井の老舗工場「アタゴ」のものづくり

合繊の産地、福井の老舗生地工場

アタゴは1962年に株式会社として設立された、福井県にある生地・縫製工場です。創業当初はインナー用品の縫製を中心に、今は徐々にスポーツウェアの生地生産にシフトしてきています。
もともと合成繊維産業が盛んな福井県にあって、天然素材と合成繊維をうまくミックスさせた生地開発や素材の研究を、約半世紀に渡って行ってきました。その技術力は世界レベルで評価されており、有名スポーツメーカーのユニフォームを製造するなどしています。

自分たちで考え、つくりたいという哲学

創業当初は他社から生地を買っていましたが、次第に自分たちで企画したものをつくりたいと思うようになり、インナー用の小寸編み機を導入します。生産量もごくわずかでしたが、一貫してものづくりをできているという実感・喜びは確かにあり、そのスタイルを貫いていくことになります。売上の増加とともに大型機が投入され、生産性が上がったのをきっかけに、より本格的なスポーツウェアの開発に乗り出しました。今では生産の大半をスポーツウェアのアウターが占めています。

最先端の生地で服の可能性を広げる

アタゴは特定の原料メーカーの傘下に入ることは一度もなく、したがって糸を自分たちで選定して組み合わせ、オリジナルの生地開発を自社で一貫して行っています。
風合い、機能性、編み方など、テキスタイルについては研究し尽くし、天然素材と合成繊維のミックスなど、いろいろなものを提案してきました。とくに合成繊維は研究が進んでいる分野でありますので、新しいものが生み出され世の中に出ると、それだけ服の可能性が広がったということになります。私たちはこれからも既存の常識にとらわれず、より快適な素材を求めてものづくりを続けたいと思っています。

国内で生産するという終わりなき課題

編み機が中心の工場ですので、20時間以上稼働し続けている機械を1日3交代制で管理しています。20から30年前は土日もフルに機械を動かし続けていたので大変でした。
立派に誇れるものを作っている自負はありますが、今はどうしてもコスト面で海外に勝てません。どうやって国内のものづくりを続けていけるか、産業を活性し続けられるのか、終わりのない課題に答え続けないといけないですね。

サイズ
サイズ表
①ウエスト ②股上 ③ワタリ ④股下 ⑤裾幅
S 75cm 23cm 24cm 68cm 12.5cm
M 80cm 24cm 25cm 70cm 13cm
L 85cm 25cm 26cm 72cm 13.5cm
LL 90cm 26cm 27cm 74cm 14cm

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※但し、沖縄・離島の場合は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 10,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済の承認後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済の承認後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。
クレジットカード : VISA / MASTER / DINERS / JCB / AMERICAN EXPRESS
銀行振込
代金引換 : 代引き手数料全国一律 330円
AmazonPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は下記よりお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ
info@factelier.com
電話でのお問い合わせ
03-5843-8786
受付時間
12:00〜20:00(火~金)
12:00〜18:00(土・日)