ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

03-5843-8786
受付時間
14:00〜20:00(火〜金)

まるで革靴のようなサンダル!
甲を包み込むダブルベルトが
美しさと歩きやすさを

春夏のお出かけを快適に、そしてなによりかっこよく決めてくれる、昨年初めて発売し即完売した至高のサンダル。手掛けたのは山形県南陽市の革靴工場「宮城興業」。

1941年創業の宮城興業。グッドイヤーウェルト製法、マッケイ製法、ステッチダウン製法、セメンテッド製法など多彩な製法を駆使し、ドレス・ワーク・カジュアル・モードとあらゆるスタイルの靴作りを得意とする、国内でも希少な靴工場です。

そんな宮城興業による、素材、歩きやすさ、かっこよさ、気持ちよさなど、妥協の一切ないレザーサンダルがお目見えしました。

何よりもまずかっこよさが一番

上質な革、歩きやすさを実現するソールの形状、滑りにくいアウトソールなど、職人がこだわりにこだわり抜いたパーツ・仕様を説明する前に、一目見てわかる、ため息が漏れるほどの“かっこよさ”がこのサンダルの最大の魅力でしょう。

こんなに惚れ惚れする美しいサンダルはなかなか出会えません。
コーディネートがシンプルになる春夏だからこそ、足元はおしゃれでいたいもの。このサンダルを履くだけで周りからも褒められることは間違いありません。きっと休日のマストアイテムになるはずです。

イタリアの名門タンナーが仕上げた革は
使い込むほどに足に馴染む

全体からかっこよさを醸し出すこのレザーサンダル。ひとつずつ要素分解していきましょう。

まずはこの革です。

一番目立つ「足の甲」=「アッパー」に使われているのは、1955年にイタリア・トスカーナ州サンタクローチェで創業した「ロ・スティバーレ社」の「ブルガロ」と呼ばれる革。

植物タンニンをじっくりと時間をかけ染み込ませながら鞣され、革にオイルを加える「加脂」という工程をじっくり時間をかけて行うことで、厚みのある革でも柔らかくしなやかで、使い込むにつれて足に馴染みやすいのが特徴です。

加脂を加えて行う製法は「バケッタ製法」と呼ばれ、この「脂」が最も重要。ロ・スティバーレ社ではこの脂まで自社で製造していて、使われる魚油の種類、その魚が水揚げされる港まで限定するという徹底ぶり。

▲革をほぐす「シュリンク加工」が施されているため、自然な細かな「シボ」の質感があり、1枚1枚自然な表情に仕上がっています。

テカテカとしすぎず、程よい光沢を放つ革。“おしゃれは足元から”と言うように、これを履くだけで品の良さを与えてくれます。

▲あえて存在感を出すために採用した、大きめの真鍮バックルも革の風合いに見事に溶け込んでいます。ダブルベルトは足の甲を革が覆うためバックルでメリハリが生まれているんですよ。

▲足の甲全体を高級感漂う革が包み込むさまは、革靴を履いているような風格を与えてくれていますよね。しっかりと甲にフィットするので、歩行時にかかと部分が浮きづらく、ペタペタと音が鳴りづらくなっています。

※フィット感には個人差があります。
※防水加工は施されていません。防水スプレーなどを使用される場合は、目立たないところで試してからお使いください。

足裏に直接触れる「天板」にも
ぎゅっと高密度の牛革を

美しすぎるサンダルにスタッフ自身も興味津々。
試し履きして少し歩くだけで、口々に言うのは「持ってるサンダルと歩きやすさが全然違う!」ということ。

それもそのはず、このサンダルの「天板」、つまり足の裏が設置する面は、宮城興業の革靴作りで蓄積したノウハウをすべて詰め込んでいるから。足本来の立体的な形状を追求し、素足で履くサンダルのための「木型」を一から設計し開発しているんです。

天板に使用した素材も「革」。ただ、アッパーと同じ素材ではありません。

立体的な足の裏にしっかりとフィットさせるために、歪みにくく、密度が高い「ベンズ」と呼ばれる牛革の部位を使用。「ベンズ」は牛の原皮から肩の部分と腹部、及び四肢の上部を除去した部位のこと。繊維の密度が非常に高く、皮厚も厚いので、人の全体重を支えるパーツとして適しています。ちなみに、この天板は、宮城興業が保有するレザー加工機で丁寧に裁断されたものなんですよ。

▲分かりにくいですが、「ベンズ」とアウトソールの間には屈曲性と柔軟性が特徴のラバー素材を使用するこだわりよう。わずかにクッション性もありながら、歩行のしやすさにもつながっています。

▲天板に刻まれた緻密なロゴもレーザー加工機で加工されたもの。ベンズの光沢感と相まって高級感がとてもあります。

つま先部分の屈曲性に注目!
圧倒的歩きやすさの秘密はここにあり

スムースな歩行を実現しているのは、この屈曲したソールの形状によるもの。それぞれ特徴の異なるソールパーツに特殊な加工を自社工場で施しており、かかとに比べるとつま先部分がより屈曲しています。

この屈曲が“歩きやすさ”を高めている最大の理由なんです。

しかも土踏まずの部分は盛り上がっていて、足裏にピタッとフィット!サンダルと足が一体となっている感覚を味わえます。

▲アウトソールには、軽量かつクッション性のある「Vibram(ヴィブラム)社」の「No.8327 Wood Stock」を採用。

イタリアのVibram社はアウトソール専門の企業。もともと登山家によって登山用に開発されたソールのため、耐久性、耐摩耗性、グリップ力・防滑性に非常に優れています。そのため、しっかりと地面を捉えてくれるので、歩きやすさが違うんです!

スタッフ試し履きの感想

試し履きした商品開発の岡田さんの一言目は、「ほんっとに気持ちいいな、これ」。

岡田さんは、天板がゴムのサンダルやスウェード調のサンダルを履くことが多いそうですが、結局どれも蒸れてしまうそう。その点、今回のレザーサンダルは「革」の天板でとても密度が高いため、非常にサラッとしています。試着したファクトリエのお笑い担当の小林さん曰く、「夏にフローリングの上を歩いているのか、絨毯の上を歩いているのかくらいの違いがあるかも」と、その履き心地の良さに魅了されています。

サイズについて

サイズは3サイズ。Mが25.0~25.5cmサイズ、Lが26.0~26.5cmサイズ、LLが27.0~27.5cmサイズとなっております。

スニーカーで27センチを履いているスタッフで、このサンダルのLサイズを着用してぴったりです。通常のスニーカーのサイズ感でお選びくださいませ。

ハーフパンツやジーンズなどにもばっちり合う、かっこよくて歩きやすい至高のサンダルでお出かけをより一層楽しいものにしてくださいね。

【お手入れ】

・本製品は天然皮革を使用しております。
・バラ傷や色ムラは革本来が持っている素材の特性ですのでご了承ください。
・色落ちや色移りをする場合がございます。淡色の衣類やデニムなど色落ちしやすい素材をご着用の際は、製品へ色移りする場合がございますので特にご注意下さい。
・発汗などにより、かゆみ・かぶれ等を感じた場合は直ちにご使用をお止めください。
・皮膚に異常を感じた際には、専門医にご相談下さい。
・破損状況により修理できない場合がございます。
・手縫いでステッチ等を施している商品に関しては力のかかる箇所の伸び、ほつれ等が発生する場合もございます。

【修理・ソール交換について】

底のソール交換やその他の修理については、ファクトリエまでお問い合わせくださいませ。

お手入れ

■お手入れ
・本製品は天然皮革を使用しております。
・バラ傷や色ムラは革本来が持っている素材の特性ですのでご了承ください。
・色落ちや色移りをする場合がございます。淡色の衣類やデニムなど色落ちしやすい素材をご着用の際は、 製品へ色移りする場合がございますので特にご注意下さい。
・発汗などにより、かゆみ・かぶれ等を感じた場合は直ちにご使用をお止めください。
・皮膚に異常を感じた際には、専門医にご相談下さい。
・破損状況により修理できない場合がございます。
・手縫いでステッチ等を施している商品に関しては力のかかる箇所の伸び、 ほつれ等が発生する場合もございます。
サイズ
サイズ サイズ目安
M 25.0~25.5cm
L 26.0~26.5cm
LL 27.0~27.5cm

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※沖縄県は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 10,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済の承認後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済の承認後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。

クレジットカード
銀行振込
代金引換 : 代引き手数料全国一律 330円
AmazonPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は こちらからお問い合わせください。