ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

人気No.1のアフリカ綿ジーンズ
コンセプトはずばり
ジャケットに合うジーンズ

ファクトリエでトップクラスの人気を誇る“定番”のジーンズといえば、この「オリジナルクラシック」。
その人気の秘密はなんといってもコーディネートの合わせやすさにあります。

コーディネートに合わせやすいということは、「きれいめアイテム」「カジュアルアイテム」にも合わせやすいということ。

ただ、ジーンズはカジュアルな印象が強く、着用シーンが少ないと感じている方も多いのでは?

そこで「美しく、ジャケットにも合わせられる」をコンセプトに作り上げたのがこの「オリジナルクラシック」です。フォーマルなジャケットや襟付きのシャツなどのきれいめアイテムと合わせても違和感なくマッチするので、ジーンズのイメージがガラッと変わる、そんな1本に仕上がっています。

ジーンズがなぜそんなにきれいめにも合うのか。その秘密についてまずは生地から見ていきましょう。

うっとりするほどのドレープを生む
茶綿ブレンドの
アフリカンコットン100%使用

インディゴに染められた糸を経糸(たていと)に、染められていない生成り(きなり)の糸を緯糸(よこいと)に使用し、交互に織り上げられたのがジーンズの生地。

この生地に味わいをもたらすのが「インディゴ染料」です。
この染料はとても染まりづらく、しっかりと濃い色に染めていくには、熟練の職人が何度も何度も染色作業を繰り返す必要があります。
しかし、機械に任せて染まるのを待つのではありません。職人が糸1本1本の仕上がりをイメージしながら素材の違いや気温、湿度などを踏まえて、最適な染色を施していくんです。

日本のジーンズが海外から絶大な評価を受ける理由の一つが、この緻密で精度の高い職人技。

はき込んでいくうちにその技術力の高さを感じるはずです。経糸の表面のインディゴ染料が落ちていくと徐々に顔を出すのが、“糸の白い部分”。はき込んでいくほど風合いの変化を楽しめるよう、あえて中心まで染めきっていないんです。これが「アタリ」と呼ばれる経年変化。全て染めきらないのも職人技というわけです。

ただし、白くなればなるほどカジュアル感は増しドレス感はなくなっていくもの。そこできれいめに仕上げるためのポイントの1つが、緯糸に茶綿を使用したことです。
茶綿をブレンドすることで、アタリも上品になり落ち着いた雰囲気が生まれるんです。

茶綿をブレンドしたことで一般的なジーンズよりも光沢感が増し、高級感がぐっと増します。独特の光沢感と、うっとりするほどのドレープ感。そしてアメリカンコットンと比べてもとても柔らかく、はけばはくほど滑らかになるこのアフリカンコットンは、一度はくと病みつきになるはず。そのはき心地の良さからリピート買いする方もいるほどですよ。

美シルエットとはき心地の良さが
リピーターを生む、頼れる一本に

ジャケットに合う品のあるジーンズのポイントは生地だけではありません。

そのシルエットもポイントなんです。ジーンズが普段着として普及した時代に比べて、最近では脚のラインがはっきりと強調されるような細いジーンズも多く出てきました。もちろんそういったジーンズもよいですが、

「あまり細すぎるとフォーマルさに欠ける」
「細すぎて足のラインが出過ぎて気恥ずかしい」
「とはいえ、ダボダボのジーンズもスタイリッシュじゃない」

といった声も多く耳します。

そんな悩みを解消するべく、シルエットにとことんこだわったのがこのジーンズ。

適度な長さを取った股上は、ジーンズにシャツをインしてもカジュアルすぎず、古臭くもならない絶妙な塩梅に。そしてヒップにはある程度余裕を持たせ、無理のない腰回りです。この程よいフィット感が、抜群のはき心地を生んでいます。

「ラインが綺麗だね」と喜んでいただけるのは日常茶飯事です。

極めつけは、キュッと細くした裾口。膝周りから裾口にかけてキュキュッと細くすることにより、全体の印象が細身で“美シルエット”になるんです。

旧式織機で織ったムラのある凸凹感が
世界中から一目置かれる職人技

生地とシルエットの美しさに加えて、ジーンズ好きもうなるヴィンテージ仕様なのも喜ばれている理由です。

ジーンズの裾を折り返した時に見える赤い糸。これを“赤耳”または“セルヴィッチ”と呼びます。ジーンズ好きなら、この赤耳を見ただけで、「旧式織機で織られたヴィンテージジーンズだな」と分かる、いわば証のようなもの。

最新の高速織機の場合、水や空気を使って緯糸を飛ばし生地が織られていきます。そのスピードは旧式織機に比べると6倍以上。
この速さが生産効率を高め、短時間で多くの生地を織られるようになりました。しかしその速さのあまり、糸にテンションがかかった状態で織ることになるので、素材の風合いを損なうことも。

一方、旧式織機では、白い緯糸(よこいと)がセットされた木製の舟「シャトル」が、経糸の間を何度も往復しながら生地を織っていきます。

旧式織機はもう生産されておらずメンテナンスも全て手作業。機械の調子を職人が“耳”で聴き分け、毎日微調整を行いながら生地は生まれます。この繊細な作業の積み重ねでゆっくり出来上がった生地は、凹凸がありムラ感を感じます。
このムラ感こそがコットンの素材感やはきこんでいくと身体に馴染み、きれいな経変変化を生むんです。

職人がひとつずつ丁寧に作り込んだオリジナルクラシックジーンズ。経変変化を存分に楽しめ、はき心地もシルエットも抜群の本格的なジーンズをぜひ手に取ってみてくださいね。

FACTORY

世界25ヵ国に発信するデニムメーカーが作る「JAPAN BLUEジーンズ」

「40年の経験が生きる道。」

アナログな機械を扱うだけに、音・振動・感触といった五感でわかることが大事。大きな音が鳴り響く中、各機械音の異変を見分けて手直ししていく。これは相応の経験が必要で、デニム以外の商品も織っていたからこそ、デニムの枠にとらわれずにモノづくりを行えているのも強みかもしれない。

「地元、岡山・児島に感謝。」

国産ジーンズを日本で初めてつくった岡山・児島。「デニムの聖地」と呼ばれ、現在では日本にとどまらず、世界各国のブランドから注文が殺到。そんな環境があったからこそ、JAPAN BLUEジーンズは完成したと思っている。なぜなら、会社から車ですぐの場所に付属屋さん(ボタン等)、糸屋さん、洗い屋さん、縫製工場さん等すべて整っているから。産地のつながりや人脈に感謝し、これからも愛されるデニムを作っていきたい。

株式会社ジャパンブルー

国内外から高い評価を受けるジーンズの産地、岡山県児島。この児島から世界中に発信し続け、現在では欧米、アジア25か国で取扱われるブランドに。そんな藍布屋で、素材・シルエットに特にこだわりをもってできたのがJAPAN BLUEジーンズ。2013年9月には児島に直営店をオープン。

MOVIE

国産ジーンズの発祥の地、岡山県児島でジーンズの製造を行う「JAPAN BLUE」。世界に誇る染色技術と本格的な縫製仕様はチノパンツにも色濃く現れます。

VOICE

株式会社BOTANIC 代表
田中 彰

大学卒業後、旭硝子株式会社勤務。退職後、NPO事業の立ち上げに参画。東京・南青山の花屋での修行を経て、2013年1月、BOTANIC DESIGN PROJECTを立ち上げる。2014年4月、株式会社BOTANICを設立。

「花屋も、人の想いを汲んで形にする仕事。身につけているものを、想いのあるものにしたい。」
ファクトリエとの出会いは?

株式会社BOTANICが企画した、フラワーアレンジメントのワークショップに参加いただいたことがきっかけです。山田さん、とても熱い方ですよね。気さくな人柄ながら、その眼力と想いの強さに「すごい人だな。」と感じました。

実際に使ってみていかがですか?

届いてから毎日、ユニフォームとして使っています。とても調子が良く、重宝しています。花屋の仕事は水や土を扱うのでとても汚れやすく、どうしてもファストファッションに頼りがちです。でも、本当は良いものを長く着たい!と思っていました。このジーンズは、職人の手によって一つ一つ作られただけあって、とても丈夫で痛みにくく、庭仕事から打ち合わせにもそのまま行けるデザイン性も兼ね揃えています。そして、一番大事な「想い」もある。そうそう、こんなの探していました!という感じです。良い買い物をありがとうございました!

今後ファクトリエにどのようなことを期待されますか?

花屋も、人の想いを汲んで形にする仕事です。だからこそ、身につけているものも、想いのあるものにしたい!と兼ねてから思っていました。今はベーシックラインが多いですが、遊びがあるような服があったらいいなと思います。ちょっとオシャレな花屋のユニフォームなど作ってほしいです笑

サイズ
サイズ表
①ウエスト ②股上 ③ワタリ ④股下 ⑤裾 ヒップ
27 73.5cm 25.5cm 28.9cm 82cm 17cm 92.5cm
28 76cm 25.8cm 29.5cm 82cm 17.3cm 95cm
29 78.5cm 26.1cm 30.1cm 82cm 17.6cm 97.5cm
30 81cm 26.4cm 30.7cm 82cm 17.9cm 100cm
31 83.5cm 26.7cm 31.3cm 82cm 18.2cm 102.5cm
32 86cm 27cm 31.9cm 82cm 18.5cm 105cm
33 88.5cm 27.3cm 32.5cm 82cm 18.8cm 107.5cm
34 91cm 27.6cm 33.1cm 82cm 19.1cm 110cm
36 96cm 28.2cm 34.3cm 82cm 19.7cm 115cm
洗濯について

ジーンズは他の衣類に移染する可能性がございますので、単独洗いを推奨いたします。
塩素系の漂白剤、蛍光増白剤のご使用はお控えください。

裏返しにし、40度以下の温度で洗濯してください。塩素系の漂白剤、蛍光増白剤のご使用はお控えください。

蛍光剤、塩素系漂白剤の使用、及びタンブラー乾燥はお控えください。

裏返したまま、日陰で干してください。

※綿製品はドライクリーニングでは汚れ落ちの効果が少ないため推奨いたしません。

洗濯による縮みについて

工場で一度ワンウォッシュしております。ご利用の洗剤によってウエスト・レングスにて3%ほど縮むことはございますが、ご利用いただくうちにまた伸びてまいります。

保管方法について

湿気が少なく、光にさらされない場所で保管してください。

サイズ感

通常のジーンズ商品と同じサイズ感となっております。「ソフトジーンズ/メンフィス×ジンバブエコットン」「ジーンズ/インディゴ/USコットン」とはサイズ感が異なります。

交換対応可

到着後一週間以内に付属品・領収書・タグ等も揃った形で、
下記までお送りください。
-------------------------------------------
ライフスタイルアクセント株式会社宛
〒104-0062東京都中央区銀座8-12-11第二サンビル3F
TEL: 03-5843-8786
-------------------------------------------
※送っていただく際の送料はお客様のご負担となりますこと
(こちら発送時は弊社にて負担致します)何卒ご了承くださいませ。

裾上げご対応 (無料/お客様ご自身で工場に送る場合)

1.ご購入後、お客様にて洗いをかけ、縮みを出して頂きます。
2.お客様の送料ご負担にて、下記宛に領収書と商品を送って頂きます。
※その際に安全ピンで留める等、裾上げ位置を明確に指定くださいませ。
3.ジーンズが到着後、指定位置にて裾上げした後(4週間)、
お送りさせて頂きます。(送料弊社負担)

裾上げ商品の送り先
--------------------------------------------
〒711-0913 岡山県倉敷市児島味野4048-2
ジャパンブルー本館3F
「株式会社ジャパンブルー
JAPAN BLUE JEANS事業部 阿波根」宛て
TEL:086-476-5876
--------------------------------------------
※工場直送のため、ご返送先住所記載の領収書または
メモを必ずご同梱ください。

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※但し、沖縄・離島の場合は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 10,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済の承認後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済の承認後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。
クレジットカード : VISA / MASTER / DINERS / JCB / AMERICAN EXPRESS
銀行振込
代金引換 : 代引き手数料全国一律 330円
AmazonPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は下記よりお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ
info@factelier.com
電話でのお問い合わせ
03-5843-8786
受付時間
12:00〜20:00(火~金)
12:00〜18:00(土・日)