ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

03-5843-8786
受付時間
14:00〜20:00(火〜金)

POINT

経年変化を楽しめる牛革
生後2年以上の成牛革(北米産ステアー種)を使用。兵庫県姫路市のタンナーとともに研究開発した北米産牛革を使用。革を曲げ、こすると自然なしわが広がることから「ボーテッド(ボーディングは揉むという意味)」と言われている。熱無しの250トンのハイドリックアイロンを使い、クロームでなめす。革をタンナー任せにせず、職人として最高の革作りをこだわった。

美しく仕上げられたコバ磨き
Factelier by HIROANの製品は"切り目"と呼ばれる手法が殆どを占める。切り目とは、コバが裁断された姿で出来上がっている物。しかし、裁断されたままでは製品と呼ぶにふさわしくない物になる為裁断面をミガキと呼ばれる処理加工を施す。この加工はその名の通りコバ面を実際に布によってミガキ上げるのである。世に出回るほとんどの商品が、コバ面に塗料を塗布して仕上げる手法から生まれている。今回の商品はあえてコバ磨きをした後に、古来からの手法に依る染料にて着色し、仕上げている。このコバ磨きは非常に労力を要する為、世界的に見てもほとんど行なわれていない。

100年の技術が宿る“ネン引き”、“ベタ貼り”
最後に全体が間延びしないようにカード段にはくっきりとネン引きを行う(鉄製のコテを熱して、皮革の表面に直線状の当たりをつけること)。切り目仕立てのバッグや小物類に、シックな高級感をもり上げるため、ヘリとミシン目とのわずかな空間に微妙なネン引きを入れ、一種の額縁効果を表現している。一級品と評価していただくことが多い「ベタ貼り」製法。表革の裏に、0.5ミリの薄さにすいた革を寸分の狂いもなく貼り合わせる技法で、弊社以外ではあまり見かけない高度な技法で、折り曲げても裏地がたわまないため、1枚の革だと錯覚する方もいるほど。

収納性抜群のマチ
丁寧に折り込まれたマチ部分は使うほどに馴染んでゆき、あまり名刺が入っていない時も厚すぎずたたまれます。また、幅を約2cm設けているため名刺を40枚以上収納することが可能です。

SIZE

サイズ
タテ ヨコ マチ
7cm 11cm 2.5cm

FACTORY

100年以上続く日本最古の革小物工房の「伝統と挑戦」

「最高素材の牛革を、伝統と最新技術で料理する。」

今回、姫路のタンナーとともに研究開発した北米産牛革を使用。革を曲げ、こすると自然なしわが広がることから「ボーテッド(ボーディングは揉むという意味)」と言われています。熱無しの250トンのハイドリックアイロンを使い、クロームでなめす。革をタンナー任せにせず、職人として最高の革作りをこだわっています。そんな革を100年かけて受け継いできた伝統的な技術と、現在研究開発した技術を持って料理していく、そんなイメージでしょうか。

「道具の創造こそが優秀といわれる職人の力なり。」

これは、祖父の言葉です。祖父は職人でしたが、自分で使いやすい道具を作り出し、相当な数の道具を持っていました。私も完成度を高めるため、必要な道具は全て自前で用意するよう心がけています。紳士物の財布は、総合芸術。上述した最高の革、技術だけがあっても道具が良くなければはじまりません。

「現代の0.5mmの革を貼り合わせる『ベタ貼り』製法。」

同業種の方々から一級品と評価していただくことが多い「ベタ貼り」製法。表革の裏に、0.5ミリの薄さにすいた革を寸分の狂いもなく貼り合わせる技法で、弊社以外ではあまり見かけない高度な技法です。折り曲げても裏地がたわまないため、1枚の革だと錯覚する方もいらっしゃいますね。通常のベタ貼りによく見られるような革の浮きやヨレ、歪み、堅さ、ゴワつきが全くなく、2枚貼り合わせでありながら、まるで一枚の革のように柔らかくしなやかに仕上げます。

「最後は、伝統の”ミガキ”仕上げ。」

「ミガキ」というのは、革の断面の仕上げ方法。一般的な財布は、断面に塗料を塗り重ねて仕上げるものが多いのですが、弊社では布で断面を繰り返し磨き、自然な光沢を出す、昔ながらの製法にこだわっています。コバに控えめに丸みをつけたうえで染料を塗布した後、磨きを入れて表面張力を出し、そこに本塗りを施し、さらに丹念に磨きを入れていく。これにより切り目は上品でナチュラルな表情に仕上がり、かつ剥離などのない耐久性の高いものとなるのですが、なにぶん非常に手間がいるため、今日、この本磨きを採用するブランドは非常に稀となってしまいました。

株式会社革包司博庵

東京・浅草に庵を構え、紳士用革小物を専業にしてきた同工房の創業は明治39(1906)年。その歴史は100年を超え、現存する日本最古の革小物工房「革包司 博庵」は現在、3代目へと受け継がれています。

所在地: 〒111-0051 東京都台東区蔵前4-4-1

MOVIE

明治39年(1906年)より東京・浅草に工房を構える「HIROAN」。日本最古の革小物工房がすべての技法を集約・活用し作り上げる「Factelier by HIROAN」は驚くほどシンプル。創業より100年、現在3代目に受け継がれたその技術により実現した“一生もの”の革製品をぜひご愛用ください。

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※但し、沖縄・離島は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 10,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済の承認後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済の承認後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。

クレジットカード
銀行振込
代金引換 : 代引き手数料全国一律 330円
AmazonPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は こちらからお問い合わせください。