すべての商品から探す
  • カテゴリで探す
  • 価格で探す
  • 在庫で探す

最高級カシミヤ100%
ひとめ惚れ続出の“襟元”が素敵な
上品で心地よいニット

【News】
2022.10.29 【特集公開】カシミヤがもっと身近に。~ふわふわの秘密からケアまで~

日本で唯一のカシミヤニット専門工場UTOが手がける、最高級カシミヤ100%のベーシックなニット。

袖を通すだけで漂う、凛とした雰囲気。
そして、自信が湧いてくるような上質さ。

10年20年と自分の人生に寄り添ってくれる、着飾らずともきちんと装うことができる1着です。

このニットさえあればもう他にはいらないと言って良いほど、心が満たされるニット。

その魅力をご紹介します。

<特徴>

■品のよさを醸し出す
 ふんわりとロールしたVネック

■1等級のカシミヤをたっぷり贅沢に使用

■最初はしっかり、着るほどにフワフワに

■1着ずつ丁寧に手仕上げ

■カシミヤなのに、自宅で洗える!

■長く使って欲しいから、安心のアフターケア


それではひとつずつご紹介しましょう。

■品のよさを醸し出す
 ふんわりとロールしたVネック

まず注目したいのは襟元です。ネックラインをあえてリブ編みせず、身頃と同じ編み地のまま、内側に少しロールさせています。

シャープな印象になりがちなVネックですが、このロールのおかげでVが丸みを帯びたような形になり、優雅でやわらかい印象になっていますよね。

こうすることで肌触りもソフトになるため、実際に着用していても襟がデコルテに触れている感覚がありません。カシミヤのもつ柔らかさを最大限に活かしたネックデザインなんです。

後ろから見ると、首のまわりだけ前身頃から背中までぐるっと1周編み地がひと続きになっています。

このようになっている理由は2つあります。1つは襟まわりがダレてきてしまうことを防ぐため、2つ目は後ろ姿を美しく見せるためです。

本来であればネックラインをリブ編みにすることで強度を持たせるのですが、それをしていないこの襟を、繊細なカシミヤニットで作るのは実はとても難しいこと。

それが作れてしまうのは、このような手間のかかる工夫と、カシミヤの毛をたっぷりと使い、編み目をしっかりと詰めて編んでいるからこそ。UTOだから作ることのできる襟のデザインなんです。

■1等級のカシミヤをたっぷり贅沢に使用

カシミヤは、繊維の細さ、長さ、異物の混入率によって、1から9までの等級がつけられます。

そのうち最も希少なのが1等級のカシミヤ。
なんと1頭から採れる量はわずか170g前後です。
生産数の少なさもカシミヤが希少だと言われる所以です。

この1等級のカシミヤだけを、他の等級のものと混ぜることなく100%使用しています。

“わた”をブレンドして作る
こだわりのニュアンスカラー

UTOが得意とするニュアンスカラーは、何色かの”わた”をブレンドしてつくられています。

どこか奥行きを感じるカラーになっているのは、生地を一色で染めるのではなく、わたの状態で染めたものを何色かブレンドして1つの色を作り出しているから。

例えば今回の「ライトグレー」は、ホワイトや数種類のグレーに加えて、ブルーのわたも隠し味のようにブレンドされています。ぱっと見は一色のように見えるネイビーも、何色かのカラーがブレンドされて、このネイビーが出来上がっているんですよ。

この深みのあるカラーが、1等級カシミヤの風合いをより一層引き立てています。

■最初はしっかり、着るほどにフワフワに

▲この写真に写っているのはマフラーのため編み方は異なりますが、セーターもこのように変化していきます

一般的なカシミヤニットは、初めて手にとった瞬間に「やわらかい!」と感じられるような、甘めに編まれているものが多いんです。ですが、UTOではあえてしっかり目に編み立てています。

それは、「長く愛用してもらいたい」という想いがあるから。

密にしっかり目に編んでいるぶん、普通のカシミヤニットよりも耐久性があって引っ張ったり擦れても切れにくく、着るほどに柔らかくなり身体に馴染んできます。

「お店で手に取った時がベストな状態で、そこから劣化が始まってしまっては元もこもありません。実際に何年も使っていくうちに柔らかくなっていく、その変化を楽しみながら長く使って欲しい」とUTOの宇土社長はおっしゃいます。

厳選した素材に加えて、時とともに柔らかく、ふわふわに育っていくのもこのマフラーの一番の魅力です。

■1着ずつ丁寧に手仕上げ

UTOでは、1着1着を手作業で丁寧につくっています。
例えば、ニットの縫製は「リンキング」で行います。

リンキングとは生地をつなぎ合わせる時にミシンを使わず、ニットの編み目と編み目を手作業で繋ぎ合わせて縫製する手法。習得に何年もかかるほど大変難しく、職人の中でもリンキングができる人はごくわずか。

「本縫い(機械による縫製)」と比べ「リンキング縫製のニット」は“極上の着心地”で、繋ぎ合わせ部分の肌あたりが気持ちよく、洗っても型崩れしにくいんです。

また、洗い方もかなり非効率。
縦型洗濯機で、カシミヤが痛まないように、絡まないように、数枚ずつ洗っていきます。

さらに、洗いの後の乾燥にもこだわりがあります。
一般的に効率を考えて乾燥機にかけることが多いこの工程で、UTOは自然乾燥を選択。1日かけてゆっくりと乾かします。

乾燥後の仕上げも1点ずつ手作業。
仕上げの工程では「アイロン→目視での最終確認→たたみ」などの作業を職人が1点1点、丁寧に行っています。

それでも、素材本来の風合いを活かすために必要以上の加工をせず、カシミヤにできる限り負担をかけない。

洗濯・乾燥・仕上げなど、全ての工程で手間を惜しまずカシミヤにやさしい方法で仕上げることで最高のカシミヤ製品ができあがります。

■カシミヤなのに、自宅で洗える!

高級なカシミヤと聞くと「繊細でお手入れが大変」というイメージを持つ方も多いかもしれません。

そんな時、UTOの宇土社長は「お手入れはご自宅の洗濯機でOK」とアドバイスします(ドラム式はNG)。

なぜならUTOでは“縮絨”工程で家庭用の洗濯機を使用しているからです。年に一から二度、衣替えのタイミングで洗ってあげることで使用中に絡まった繊維がふわふわによみがえります。

つまり“縮絨加工”と同じ効果が生まれるということです。
10年目のマフラーもこうやって着用と洗濯をくり返しながら愛用されたものです。

■長く使って欲しいから、安心のアフターケア

ご愛用の方から、「虫食いが起きてしまった」「ひっかけて穴が空いた」とお直しのお問合せをいただくことがあります。

長く製品をお使いいただく為のアフターケアとして

・リペア:穴の修繕
・リフレッシュ:毛玉を取り除く・洗い?仕上げ

を承っています。

少しお時間と費用が掛かりますが、長く、気持ちよくお召しいただけるよう、工場で可能な限りのお直しを行います。万が一、傷や穴ができてしまった場合にもご遠慮なくご相談くださいませ。

作り手からのメッセージ

女性らしい首周りとシルエットのセーターですが、トレンドチックでない為長くご愛用いただけます。長く着用いただき、ご愛用の一着になるよう、一枚一枚真心を込めてお作りさせていただきます。

洗濯絵表示

液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
タンブル乾燥禁止
日陰の平干しがよい
底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
非常に弱い操作によるウエットクリーニングができる
サイズ
サイズ表
①着丈 ②身幅 ③肩幅 ④袖丈
M 60cm 45cm 35cm 59cm
L 62cm 48cm 36.5cm 60cm
この商品を見た人は、こちらもチェックしています
最近ご覧になった商品

FACTORY

その道50年のカシミヤ職人が作り出す「天使のマフラー」
「50年のキャリアが生んだ、逆転の発想。」

天然素材で繊細なカシミヤは、着用したり、洗濯をしたりするうちに、どうしても劣化してしまうことは否めません。そのため、長く愛用していただくために編み地を詰め気味に編み込む必要があります。しかし、今回のマフラーは通常の製品とは逆手の方法で、度目(編む際の度合い)を甘くするという、よりゲージを下げてスカスカに編むことによってとても柔らかい風合いを出しました。その道50年のベテランだからこそできた逆転の発想。この絶妙なバランス調整から生まれたマフラーは、羽毛のような軽さをふんわり感から「天使のマフラー」と名付けました。その名の通り、肌に直接着ると想像以上の柔らかを実感していただけるはずです。

「時間と手間を惜しまぬ、自然乾燥へのこだわり。」

カシミヤの編み地を洗うと、糸の間に水が通り、これによって糸の中撚り込んでいるうぶ毛を表面に浮き立たせる現象が起きます。その洗いをかけたカシミヤを、今では乾燥機を使って短時間で乾燥させるのが一般的ですが、弊社では自然乾燥させています。自然乾燥は時間も手間もかかりますが、カシミヤにとっては最も優しい方法だと思います。

「平均年齢28歳が継承する、高度なリンキング技術。」

岩手県北上市の自社工場で働くのは平均年齢28歳の女性たち。50、60代が当たり前のこの業界において非常に若い年齢構成です。経験10年前後の彼女たちが行うのは、リンキングという編地と編地をつなぐ難易度の高い作業。伸び縮みする編み地同士を縫い合わせて伸び縮みする編み地のようにする縫製方法で、双方の細かな編み目を一目一目つなぎ合わせていくために高い熟練の技が必要です。

「一頭から採れるのはわずか170グラムという希少性。」

カシミヤゴートのウールと呼ばれるヘヤーの内側にあるうぶ毛。このうぶ毛が大変細くて弾力性があり、カシミヤの原毛です。そのうぶ毛は夏を迎える前に生え変わります。そのうぶ毛は長い毛の間に生えているため、櫛で梳き取るしかなく、かなりの手間と時間がかかります。そのうぶ毛を集めて砂やゴミを取り除くと、1頭から採れる量はわずか170グラム前後。最終的に1つのマフラーを作るのに130グラム(約1頭分)のうぶ毛が必要と言われています。

株式会社 ユーティーオー

1992年、株式会社BHFインターナショナル(現:株式会社ユーティーオー)設立。三越日本橋本店と『世界一の原料から物作りまでのトレーサビリティを証明できるセーターを提供する』企画に参画。世界最高峰の原料を産する中国内モンゴル自治区の阿拉善(アラシャン)左旗のカシミヤ放牧民を訪問しお客様のオーダー製品を自社工場で製造・提供した。

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※沖縄県は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 10,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済手続き完了後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済手続き完了後
PayPay:PayPay決済手続き完了後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。

クレジットカード
銀行振込
代金引換(手数料全国一律 ¥330)
AmazonPay
PayPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は こちらからお問い合わせください。