• カテゴリで探す
  • 価格で探す
  • 在庫で探す
  • 銀座フィッティングスペース営業体制の変更について

伸縮性・耐久性・洗濯OK。
Super 100'sクラスの
上質ウール軽量ジャケット

上質メリノウールを贅沢に使用した、ラグジュアリー感漂うウールジャケット
■ニットとシャツのいいとこどり。伸縮性・耐久性・洗濯OK
フォーマルから休日のきれいめカジュアルまで着回し力抜群

和歌山の丸和ニットだけが世界で唯一保有する編み機「バランサーキュラー」で編み上げた、ファクトリエオリジナルのウールジャケットが完成しました。

カラーはネイビーとチャコールグレー。それぞれセットアップにも使えるパンツもご用意しています。

▼パンツはこちらからご覧ください

※なお、サイズ感は「デイリーウォッシャブルジャケット」と同じです。お持ちの方は同じサイズがおすすめです。

■特長まとめ

①Super 100'sクラスの上質メリノウール60%。
 高級感漂うウール軽量ジャケット
 ~毛玉にもなりにくい~

②ニットとシャツのいいとこどり。
 世界で唯一の特殊編み機ならではの
 伸縮性と高い耐久性、シワになりにくく、自宅洗濯もOK

③コーディネート紹介。
 オンオフ使える着回し力

④縫い代のパイピングなど、
 細部までこだわったジャパンクオリティ

スタッフ着用サイズ比較

それでは詳しく見ていきましょう。

①Super 100'sクラスの上質メリノウール60%!
 高級感漂うウール軽量ジャケット
 ~毛玉にもなりにくい~

非常に上質なメリノウールを贅沢に使用し、ウールのぬめり感と暖かみをしっかりと感じられるウールジャケット。

高級スーツ生地のランクを表す「Super表記」では、一般的にSuper 100's以上が上質と言われますが、今回の素材はまさにSuper 100'sクラスの細いウール原毛を60%も贅沢に使用。

独自の糸を高密度に編み上げた後、日本有数のウール産地・愛知県尾州にて「ミルドシルキー加工」を施すことで、ウール特有の毛羽を適度に抑え、光沢感のあるエレガントな雰囲気に仕上げました。

このミルドシルキー加工により、繊維が絡まりあい、保温効果も高ります。

少しウールの毛羽感を残しながらも、光沢感はしっかり。グレーはメランジ調の黒と白が混ざり合った生地で奥行きがあります。

さらに、ピリングを抑える加工も加えることで「毛玉」の発生も抑制

薄すぎず厚すぎない中間の肉感で、コートなどのアウターを羽織ってもゴワつきにくい生地に仕上げています。

無駄をそぎ落としたシンプルなジャケットに仕上げることで、見た目の重厚感からは想像ができない“軽さ”も魅力。

一目で上質とわかるウールのきめ細やかさと、高密度に編み上げることで暖かさもしっかりと確保した、ラグジュアリーなジャケットです。

②ニットとシャツのいいとこどり。
 世界で唯一の特殊編み機ならではの
 伸縮性と高い耐久性、シワになりにくく、自宅洗濯もOK

一見、布帛(ふはく)=織物のようにも見えるこの生地ですが、実は「編み物」

この特殊な生地は、和歌山県の「丸和ニット」だけが世界で唯一保有する「特殊改造編み機:バランサーキュラー」でしか編むことができません。

バランサーキュラーは、“横”に生地を編んでいきながら、同時にナイロン糸を“縦”に通すことができる特殊な編み機。

“編み物”特有の伸縮性がありながら、シャツやデニムなどの“織り物”のように「経糸(たていと)」が入った、世界的にみても非常にレアな生地です。

つまり、ニットの「伸縮性」がありながらシャツのような「強度」がある、“ニットと織り物のいいとこ取り”をしたのがこの生地です。

編み物だからこそシワにもなりにくく、経糸にナイロンが入ることで型崩れを防ぎ、形態安定性も高く、耐久性も抜群。

そして自宅での“手洗い”洗濯も可能といういいとこどりの生地です。

※お手入れ方法は末尾もご確認ください。(手洗い洗濯推奨です)

ちなみに、この編み機との出会いは偶然。丸和ニットの職人がたまたま発見したものの、説明書も何もない状態だったため、自分たちの手で動かせるようになるのになんと10年の歳月を要したそう。

彼らの「どこにもない生地を作る」そんな想いによって誕生したこの「バランサーキュラー」には、伸縮性があって丈夫という機能性だけでなく、職人の熱い想いもしっかり宿る逸品です。

③コーディネート紹介。
 オンオフ使える着回し力

同素材のパンツと合わせたセットアップは、フォーマル感がしっかり漂い、ビジネスシーンでも十分着回せます。

ドレスシャツ×ネクタイとの合わせでも違和感なくフォーマルに。

タートルネックやボタンダウンシャツとの合わせもドレス感が出ますね。

ネイビーシャツと合わせると大人の色気が出ます。

ビジネスカジュアルにもOK。ロンTやニット、ボトムスをチノパンにしてもカジュアルになりすぎることなく、きれいめに決まります。チャコールグレーとサックスシャツとの相性も抜群。

バンドカラーシャツ×ネイビーチノパン×白レザースニーカー。

清潔感漂う雰囲気にまとまりますね。

とにかく万能なジャケットなので、あれこれ考えずに羽織るだけでコーデが決まりますよ。

④縫い代のパイピングなど、
 細部までこだわったジャパンクオリティ

見た目にも美しく、かつ着心地が良くなるように、背面内側と袖ぐりの縫製箇所に上からパイピングを施しています。

表から見えない部分にも手を抜かないのが日本の職人らしいところ。

パイピング施すことで、糸が切れることが減り洋服が長持ちする効果も。

ほとんどが表から見えない部分ではあるものの、しっかりとパイピングするという手間暇は、「大切に長く使ってほしい」という職人のみなさんの想いの表れです。

内ポケットは左側にひとつ。

ポケットとラペルにはステッチシーマ縫製を採用。糸によるアクセントで少し遊び心を加えています。

ジャケットの顔ともいえる、しっかりと反りかえる「ラペル」。

襟を立たせて裏側を見てみると、2枚の生地を縫い合わせるのではなく、1枚の生地を真ん中で織り返す仕様に。

こうすることで、立体的に首に吸い付き男らしい風格が生まれます。

着心地や腕の動かしやすさを追求するために、丸和ニットのみなさんとファクトリエの商品開発担当が何度も試作品作りと着用を繰り返した、渾身のジャケット。

そのひとつが、袖の周りを広めに取り、袖付けのカマ底を上げたことによって、腕周りの着心地と着用時のツッパリ感を解消しています。

このおかげで、インナーが厚着になっても、腕周りに“もたつき”を感じにくくなっています。

肩パットを入れていないにもかかわらず、カッチリと印象になるのはそのような試行錯誤があるからなんです。

⑤スタッフ着用サイズ比較

▲スタッフ小林 171cm・71kg Mサイズ

「私の身長・体型なら間違いなくMサイズが良いかと思います。着丈がLサイズではやや長いです。身長の割りに胸板があるので、ほんの少し胸回りに窮屈感がありますが、伸縮性のある生地のおかげで苦しさはありません。」

▲スタッフ末吉 181cm・71kg Lサイズ

身長の割りに細身の末吉は、Lサイズがジャスト。180cmオーバーで体型がしっかりしている方はLLサイズがおすすめです。

▲スタッフ岡田 180cm・70kg LLサイズ

末吉とほぼ同じ身長・体重ですが、肩幅がしっかりあるのでLLサイズがジャストサイズ。着丈的にもLLサイズで違和感はありません。

秋から春まで3シーズン使えるエレガントなジャケットで、美しく快適にお過ごしくださいね。

洗濯絵表示

液温は40℃を限度とし、手洗いができる
塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
タンブル乾燥禁止
日陰のつり干しがよい
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
非常に弱い操作によるウエットクリーニングができる

アテンション

・家庭洗濯の際は、中性洗剤を使用して手洗いで押し洗いをして下さい。
・蛍光漂白剤入り洗剤や漂白剤のご使用はお避け下さい。
・アイロンはあて布をし、軽く裏からあててください。
・この製品は素材の性質上、表面の毛羽が絡み合いピリング(毛玉)が発生する恐れがあります。ピリングが出てきた場合は、引っ張ろうとせず、毛玉取り器や小さなハサミで丁寧に取り除いてください。
・汗や雨等の水分や摩擦により、他の衣類に色移りする場合がありますので、淡色衣類との組み合わせはご注意ください。
・濡れたまま放置すると、他のものへの色移りや、色泣きする場合がありますのでご注意ください。
サイズ
サイズ表
①着丈 ②身幅 ③肩幅 ④袖丈
M 68cm 49.5cm 43cm 60cm
L 70.5cm 51.5cm 45cm 61cm
LL 72cm 53.5cm 47cm 62cm
この商品を見た人は、こちらもチェックしています
最近ご覧になった商品

FACTORY

唯一無二の生地を生み出す「丸和ニット」のビジョン
「綿からアクリルへ、先代たちの大きなチャレンジ。」

弊社は1934年(昭和9年)、古くから綿の産地であった和歌山にはじまり80年になります。当時は吊り編み機やソックスの編み機を使った、綿主体のニット生地やアイテムを製造しておりました。
代替わりをきっかけに、東レや旭化成など当時からアクリル紡績の開発に力を入れていた企業と協力し、素材開発、製品開発を開始し、綿からアクリルへと製品の素材をシフトチェンジ。周りの工場からは「なぜアクリルなんかを使用するのか」と言われていましたが、他社が使用していないからこそ差別化になると考え、まだ珍しかったアクリルを主軸としたことは先代たちの大きなチャレンジだったと思います。

「アクリルといえば丸和ニット」

最盛期は、生産する生地全体の40%はアクリルが占めており、「アクリルといえば丸和ニット」と呼ばれるほどでした。工場内の機械も全てアクリル製品を扱う仕様に自社で改造しました。糸は新開発をしても比較的に研究分析がしやすいですが、そこにオリジナルで改造した編み機が合わさることで絶対にまねすることのできないテキスタイルが生まれるのです。現在の最新機器は改造ができないように精密に作りこまれています。そのため、昔ながらの機械に改良を加えながら代々と受け継いできたことも弊社の強味だと言えますね。

「海外生産の波による業界の大打撃」

バブルの崩壊後、3つあった工場を1つに縮小し、社員を1拠点に集中させた体制となりました。その後、2000年に入り海外生産の波が訪れたことで国内のアクリル生産も低価格競争に巻き込まれ、ほぼすべての生産が国外へと移行しました。合繊の紡績工場が急激に数を減らし、それに関わる染めや加工、縫製の工場も影響を受け、製品の40%がアクリルだった弊社も大きな打撃を受けることとなりました。

「他にまねの出来ないもの作り」

弊社は代々「他にまねの出来ないもの作り」をとても大切にしてきました。繊維産業に逆風が吹く中、そんな想いで生み出したのが「バランサーキュラー」という生地です。 ヨーロッパ製の今まで見たことのないような編み機が、2台だけ中古で売りに出されているのを発見し、早速購入をしました。買ったはいいものの説明書がついているわけでもないので操作方法すらわからない。上糸と下糸をスムーズに送り出すよう調整するだけでも5年かかりました。ベテランの職人や得意先の技術者の方などにも相談に乗ってもらい、数え切れないくらいの調整を繰り返し、10年の歳月をかけようやく完成したこの生地は現在弊社の主軸の1つとなっています。

「生地工場から丸和ブランドとして」

今の課題は素材のこだわりを直接的にお客様に伝えることができないということです。製品としてセレクトショップに売り込みをしたり、実際にその製品の良さをお客様へ伝える方法は何度も考えてきましたがなかなか叶えることができませんでした。 現在はファクトリエという、工場の想いを直接伝えてくれるパートナーに出会うこともできましたし、製品の良さをより伝えやすくなりお客様に認知してもらいやすくなりました。将来的には、丸和ニットを素材や製品として卸すだけでなく、“丸和ブランド”として成長させていきたいと日々考えています。

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※沖縄県は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 20,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済手続き完了後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済手続き完了後
PayPay:PayPay決済手続き完了後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。

クレジットカード
銀行振込
代金引換(手数料全国一律 ¥330)
AmazonPay
PayPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は こちらからお問い合わせください。