• カテゴリで探す
  • 価格で探す
  • 在庫で探す

高級感たっぷりのツヤ感。
大人に似合う品格を備えた
スタイルアップできるTシャツ

「1枚で品よく着られる」と大好評の名品”ドレスTシャツ七分袖”。

「この素材で半袖があったらいいのに…」というたくさんのお客様からのリクエストにお応えして、待望の五分袖が登場しました!

高級感たっぷりのこの生地にふさわしく、シルエットはあえて「Tシャツ」ではなく袖丈が長めの「五分袖」に

暑い夏に1枚で着たいTシャツだからこそ、大人女性の体が美しく見えるようなこだわりをちりばめました。

Tシャツならではの手軽さ仕立ての良いシャツのようなきちんと感を両得できる、特別なカットソーです。

<特徴>

■ひと目で伝わる上質さ。
 高級感たっぷりの特別な生地

どんな体型もきれいに見せる
 大人の体型悩みを計算した設計

美しい襟&高い耐久性

何と合わせても上品に決まる

スタッフがサイズを着比べてみました

作り手からのメッセージ

それでは詳しく見ていきましょう。

■ひと目で伝わる上質さ。
 高級感たっぷりの特別な生地

品の良い光沢のある生地は、ひと目見るだけで「普通のTシャツとはちがう」と感じていただけるはずです。

素材はコットン100%。それなのにこんなに品の良いツヤが出ているのは、「毛羽焼き加工」を施しているから。

糸の表面をガスで焼くことで、余計な毛羽を落とす加工です。

こうすることで、表面が滑らかになり、着用を繰り返しても毛羽立ちにくくなるんですよ。

ツヤだけでなく、ほどよいハリも上質さを感じるポイント。
しっかりとしていながらも硬さのない柔らかな風合いが実現できているのは、特殊な「糸」に秘密があります。

超長綿をブレンドした細番手の糸で、森下メリヤス工場が別注したものなんです。限りなく丸断面になるよう糸をより合わせることで反発性が生まれます。

森下メリヤス工場が100年以上の歴史の中で行ってきたさまざまな加工をもとに、生地との相性や微妙な調整をしながら、最高のドレスTシャツにふさわしい仕上がりを求めて試作を繰り返したそう。

「別注で作っている糸を使った天竺の生地は、国内外で人気のある森下メリヤスの代表的な生地です。
そこから今まで加工してきたさまざまな仕上げの中からこの企画に合う仕上げを選びました。カジュアル過ぎない大人な光沢とハリコシのある生地で、でも今のトレンド感のナチュラルな雰囲気も加えてかっちりしすぎない着心地で…ということで“光沢”+“滑らかな肌触り”になる加工を選びました。」(森下社長)

ハリのある生地ではありますが、実際に触れてみると柔らかくとってもしなやか
厚みはなくシャリ感のある素材で真夏でもさらりと着られる1枚です。

■どんな体型もきれいに見せる
 大人の体型悩みをしっかり計算した設計

薄着になるとますます気になるのが体型悩み。
このTシャツは、着る人の体を美しく見せるための工夫が随所に施されているんです。

二の腕をスッキリ見せる
細めの五分袖

袖丈は肘のあたりまで覆われる五分袖に設定し、気になる二の腕をしっかりカバー

腕がきれいに見えるように、袖幅にもこだわっています。袖幅が太いとカジュアルすぎてしまう。けれど、細過ぎても窮屈&二の腕のラインをひろってしまう…

その中間の、動きやすくて一番きれいに見える袖幅を追求し、ベストなシルエットにたどり着きました!

さらに、よくあるTシャツは写真左のように袖先がピンと張って広がって見えることが多いのですが、このTシャツは計算された袖幅のおかげで収まりがよく上品な印象です。

袖がコンパクトだからこそ、上に何かを羽織る時にもごわつかず快適ですよ。

きちんと体に沿う肩線と
ストレートなウエストライン

袖が長めのTシャツは肩のラインがドロップショルダーになっているものが多くみられますが、今回のTシャツはきちんと肩に沿うように作りました。

ウエストにはあえてくびれを作らず、ストンとしたストレートなラインにしています。体にフィットしないので安心してお召しいただけますよ。

ハリのある生地がボディラインをカバー

▲左:身長150cm きゃしゃ体型/右:身長164cm しっかり体型

シルエットだけでなく、生地もボディラインを拾いません

ハリのある生地がアウトラインを作ってくれるので、ボディの丸みが気になる方はフラットにすっきりと、ボディが華奢な方にはかえってこのハリがデコルテや肩に華やかさをもたらしてくれるんです。

■美しい襟&高い耐久性

襟は、大人が着るのにふさわしい品の良いデザインに。
1枚で着たときに格好がつくのはもちろん、ジャケットのインナーとしても違和感なく着られます。

襟は小さいパーツではありますが、身頃の生地と同じように光沢がでる加工をかけて仕上げているんですよ。何度も修正をくりかえし、徹底して“美しさ”にこだわりました。

さらに、デイリーな着脱に耐えられるよう高い耐久性の仕様を採用しているので、洗濯を繰り返してもきれいな状態で長くご愛用いただけます。

▲同じ生地を使用した、メンズの長袖カットソー。洗濯後もヨレや斜行はみられませんでした。今回のTシャツはこの時より一層襟が丈夫になっていますよ。

肩肘張らず気軽に着てほしいTシャツだからこそ、見た目だけでなく耐久性も抜群です。

森下メリヤス工場のこだわりの糸により実現した

「何度洗っても型崩れしない」
「頑丈でくたびれない」
「シワになりにくい」


という理想的なTシャツの要素をすべて叶えてくれる一着なんです。
愛用者の方からも耐久性への評価はとても高いんですよ。

ネームはプリントされています。タグがあたってチクチクすることもなく、快適にお召しいただけますよ。

ちなみに、今回縫製を森下メリヤス工場が託したのは、ファクトリエでも高品質なカットソーアイテムを手がけるTFC(ティー・エフ・シー)。高度な技術を有する2社のタッグによって生まれた、贅沢な一枚です。

■何と合わせても上品に決まる

Tシャツそのものに存在感があるから、コーディネートもとっても簡単。

ジーンズを合わせただけのカジュアルスタイルも、このTシャツなら大人っぽく洗練された雰囲気に。

きれいめなボトムスと合わせても浮いてしまう事がなく、着回し力も抜群。Tシャツ以上の活躍をしてくれますよ。

■スタッフがサイズを着比べてみました

▲左:36サイズ/右:38サイズ着用

マーケティング担当の三瀬(156cm)は普段からファクトリエのトップスは36サイズを着用しています。
このTシャツも36サイズがジャスト。ゆとりを持ってカジュアルに着たい場合は38サイズでもいいかもしれません。

Tシャツそのものがきれいめなので、ゆったりと着てもルーズに見えてしまうことはありませんよ。

▲左:38サイズ/右:40サイズ着用

販促担当の深井(164cm)は、普段は40サイズを着用。上の写真を見比べると、バストやお腹周りに違いがあるのがわかりますね。

「安心して着られるジャストサイズは40サイズです。38サイズはすこしボディラインが気になりますが、これはこれでコンパクトに見えて私は好きなので、カジュアルに着たいカラーは40サイズ、ジャケットのインなどきれい目に使いたいカラーは38サイズを選びます」とのこと。

ホワイトは少し透けがありますので、インナーは白やベージュなどの馴染みの良いカラーがおすすめです。

ぜひ参考にしてくださいね。

■作り手からのメッセージ

「光沢ある生地は縫う時は跡が付きやすいので細心の注意を払いながら縫製や仕上げをしています。
衿に使っている生地も1枚につき数センチしか使いませんが、身生地と同じ光沢のある加工をして仕上げているので高級感のあるTシャツに仕上がっています。」

「原綿から拘った別注糸で作った、森下メリヤスの代表的な生地でドレスTシャツを作りました。ファクトリエのお客様をイメージして選んだ、光沢と滑らかな肌触りの加工で仕上げた生地は見た目も上品で滑らかな着心地です。
どんなシーンにも着こなしにも使える定番アイテムして長く愛用して頂けると思います。」

同素材のメンズのドレスTシャツを制作した際に、ファクトリエ代表の山田が「森下メリヤス工場」の森下社長にお話を伺いました。動画もぜひ合わせてご覧くださいね。

洗濯絵表示

液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる
酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止
タンブル乾燥禁止
日陰のつり干しがよい
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる
パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる

アテンション

・洗濯ネットをご使用下さい。
・濃色は摩擦により色が移る場合があります。他の衣類との組み合わせにご注意ください。
・濃色は着用中摩擦で他の物に色がつくことがありますので、ご注意ください。
・濡れたままで長時間放置しないで下さい
サイズ
サイズ表
  ①着丈 ②肩幅 ③身幅 ④袖丈
36 61cm 37.5cm 43cm 27cm
38 62cm 38.5cm 45cm 28.5cm
40 63cm 39.5cm 47cm 28.5cm
この商品を見た人は、こちらもチェックしています
最近ご覧になった商品

FACTORY

丸編み一筋で歩み続ける1907年創業の生地メーカー

「戦火を乗り越えて、二度の旗揚げ」

高野山を源流とした貴志川の河口域に広がる貴志川町。私たち森下メリヤス工場は、半島として日本最大の規模を誇る紀伊半島の山々の麓に本社をかまえています。その歴史の幕開けは、まさに波乱万丈。1907年の創業時は和歌山市に本社がありましたが、戦火によって燃えてしまいました。しかし、2代目の森下茂は戦争から帰還した後、再び和歌山市にて旗揚げを行います。以後は事業が軌道に乗り、手狭になったことから貴志川町に本社を移すことになりました。近年では、最寄り駅である「貴志駅」の猫駅長が大手保険メーカーのCMに登場したことをきっかけに、遠方からの観光客も増えています。

「ニーズに応じて200台の 機械を使い分ける」

創業から丸編み一筋。古い吊り編み機やヴィンテージ編み機、さらにはコンピューター編み機といった多種多様な機械を保有しており、格納している機械も含めれば合計で200台を超えます。日頃から整備を行き届かせているため、どの編み機も常に稼働できる状態。ニーズに応じて最適な編み機を選んでいるのはもちろん、 優れた技術を持つ染工場と提携することで生地の風合いにもこだわっており、世界のラグジュアリーメーカーからも支持されています。

「理想を実現させるための創意工夫に妥協なし」」

200台以上の編み機を使い分けているだけでなく、場合によっては機械を改造することもあります。オーダーによっては敢えて昔の風合いに近い生地を再生産することもあるように、理想を実現させるための創意工夫に妥協はありません。新しい製品の開発にも積極的で、職人技と最新の編み機を組み合わせて実験的な試みを行うこともしばしば。日進月歩で技術を向上させながら、これからもヒット商品を生み出し続けていきます。

「先代からの想いを詰め込んだ至極の商品」

110周年という節目の年にファクトリエと出会えたことは、私たちにとって記念すべき出来事です。テキスタイルメーカーのmorishitaとしてWネームで製品を世に送り出すのは、長い歴史の中でも初めてのこと。日本製の良さを世界に発信しているファクトリエとコラボできることに、社員一同ワクワクしています。先代からの想いを詰め込むように、これまで培ってきた技術を丁寧に注ぎ込んだ至極の商品。多くの方たちにとっての大切な一着になれば、これほど嬉しいことはありません。

株式会社森下メリヤス工場
株式会社森下メリヤス工場

明治40年に創業し、110年以上続く和歌山で最も古い丸編み生地メーカー。 初代・森下専太郎氏が創業したものの、第2次世界大戦中にメリヤス業を自主廃業。2代目・茂氏が、終戦後の昭和22年に、ゴム編み、小寸丸編み機、吊り編み機から再興。その後、繊維の歴史の荒波を乗り越え、現在では編み機200台強を保有する国内有数のジャージ素材製造メーカーに。もともとは、注文の商品を大量に生産するメーカーだったが、時代の変遷とともに、自社でオリジナルテキスタイルの企画・開発も行うようになり、海外ラグジュアリーブランドから依頼がくるような世界一流の生地メーカーに成長した。 現在、和歌山ニット工業組合・理事長としても活躍している。

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※沖縄県は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 20,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済手続き完了後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済手続き完了後
PayPay:PayPay決済手続き完了後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。

クレジットカード
銀行振込
代金引換(手数料全国一律 ¥330)
AmazonPay
PayPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は こちらからお問い合わせください。