ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

旅行好きの職人自ら
これはいい!と太鼓判を押す
立体収納のボディバッグ

旅行や休日のお出かけに最適なスタイリッシュなボディバッグが完成しました。
素材には、香川県の特産・オリーブオイルを染み込ませた「オリーブレザー」を使い、シボがあり手になじむしっとり感がたまらない逸品です。

小ぶりに見えるバッグですが、意外と大容量!海外旅行に必須のパスポートも安全に入れられる機能性も抜群ですよ。
カラーは、オレンジ、ネイビー、ブラックの3色展開です。

それでは詳しく見ていきましょう。

ちなみに、ファクトリエ銀座店コンシェルジュの中島さんがこの商品の魅力を動画で存分に語っているのでぜひご覧くださいね。

立体収納×背面収納で
すっきりな見た目以上にたっぷり入る

背中に当たる部分はやや丸みがありフィット感を高めながら、外側の収納は立体的でとてもたくさん入ります。

長財布や小型タブレット、名刺入れ、スマートフォン、文庫本などを入れても余裕がある「立体収納」。手ぶらで歩きたい旅行にもとてもおすすめですよ。

▲背面のジッパーポケット。ジッパーの位置を高めに設定したのはスマホを取り出しやすくするため!さっと取り出せて、すっと入る使い勝手の良さが魅力です。パスポートもちょうど入るサイズなので、海外旅行などでの盗難の心配もぐっと減るはずです。

▲ラグビーボールのような立体的なフロント。たくさん入れたい人にもうれしいしっかりした奥行きがあります。荷物をあまり入れなくても立体的なフォルムが崩れることもないので、この美しい形はそのままにお使いいただけますよ。

男性女性問わず使えるジェンダーレスなボディバッグに仕上がっています。

金具はツヤのあるシルバーで男っぽすぎず女性にも使いやすいデザインに。

また、自動車のシートベルトのようなストラップ(ベルト)は柔らかく肩にフィットするので、肩全体でバッグの重さを支えてくれます。Tシャツ1枚の上からでもバッグを掛けた感じがしませんよ。

Made In 瀬戸内の
「オリーブレザー」

次に素材の魅力を見て着ましょう。

冒頭ご紹介したとおり、このバッグは「オリーブレザー」を使用しています。

その名の通りですが、皮をなめす工程で「エキストラバージンオリーブオイル」を取り入れているんです。

上質な国産黒毛和牛の皮を兵庫県たつの市の皮革工場で環境にやさしい植物タンニンでなめし、香川県小豆島で精製されたエキストラバージンオリーブオイルを使い、じっくり丁寧に仕上げています。

柔らかさと光沢。
傷が目立ちにくいシボ

オリーブレザーには2種類あり、今回使用した生地はとても柔らかいのが特徴。

仕事やプライベートで丁寧に使っていても、どうしても傷が知らぬ間にできてしまいますよね・・・。でも、ご安心ください!このオリーブレザーの型押しされた“シボ”のおかげで、傷がついても目立ちにくいんです。

使い続けるうちに馴染んでくる
しっとりと潤いのある革

ちなみに、この革は、革独特の匂いを軽減し人肌にも優しく、透明感のある上品な艶感としっくりと手になじむ風合い、そしてゆっくりと進む経年変化が楽しめるこだわりの革を採用しています。
オリーブオイルが持つ保湿成分は、革の健康的な状態を長く保つ効果もあり、末永くご愛用いただけます。

旅行好きのバッグ工場社長・長田さん
「自分が使いやすいバッグを」

このバッグを手掛けたのは、香川県のバッグ工場「エールック」。

香川の縫製工場が香川のオリーブオイルでなめした革を用いて作られた、香川の誇りが結集したともいえるバッグです。

そんなエールックの長田社長は、大の旅行好き。

「蕎麦が好きで、よく妻と国内の美味しい蕎麦を求めて旅にでるのですが、旅行に使いやすいバッグを作ろうと思い、試作品を作りました。すると、旅行に持っていって使った時にとても使いやすかったんです。背面の収納にはスマホが楽に出し入れできたり、メイン収納にはパンフレットも入れられる大きさ。内側の素材をナイロンにしたのも取り出しやすさを大切にしたからでう。背中にもフィットするので、歩くたびにバッグが振られることもありません。背中に沿う感じです。

自分で使って改善を重ねていって完成させた自信作ですので、ぜひお試しください」

職人自らの熱い想いで完成したボディバッグ、手に取ってみてくださいね。

FACTORY

地元名産オリーブで育むレザーバッグへの情熱

明治時代から続く手袋の産地「東かがわ」

高松空港から車で一時間、高松と徳島のちょうど間「東かがわ」に弊社はあります。東かがわは明治時代より続く手袋の一大産地で、エールックも1933年に先々代の祖父が創業、革製品の製造を中心に80年以上、今日までやってきました。
祖父は高い技術を評価され、昭和天皇の手袋も作らせていただいた実績もあります。

一工程に50年以上情熱を注ぐ”その道の職人”

一つのバッグは60ものパーツから成り立っており、およそ250の工程を経て完成します。
通常バッグを一つ作るのは、一人の職人が全行程を手がけることが多いですが、我々の場合、各工程を分業で行っています。
50年以上も同じ工程を担当している職人もおり、ある意味、一工程を極めるその道のプロともいえます。熟練した技術を持つメンバーがチームワークを発揮し、みんなで1つのバッグをつくる、それがエールックのやり方です。

私どもがバッグ作りにおいて何よりも大切にしていることは「長く使っていただけること」です。長く使えるというのは品質、機能性はもちろん、普遍的なデザインで飽きのこないものにしなければなりません。長年にわたって、つねにお客さまに身近にあるバッグを作っていきたい。いつまでも初心を忘れず、真摯なものづくりを続けてまいります。

地元の素材を活かし生まれたオリジナル製品

革産業が盛んな東かがわ市にあって、なにか地元のものを取り入れた製品を作れないかと考えていました。そんな中で香川県の特産であるオリーブに注目、皮をなめす工程に使用することで、独特の風合いとゆっくりとした経年変化が楽しめる”オリーブレザー”が誕生しました。

ファクトリエのバッグにもこのオリーブレザーを使用し、革独特の匂いを軽減した、人肌にも優しく、透明感のある上品な艶感としっくりと手になじむ風合い、そしてゆっくりと進む経年変化が楽しめるように仕上げました。また、オリーブオイルが持つ保湿成分は革の健康的な状態を長く保つ効果もあり、末永くご愛用いただけます。

他の素材も全て国産素材を使用、金具は国内の金具職人から特別にオーダーで製作いただきました。機能性や使い勝手といったエールックのこだわりは残しつつ、多くの人に受け入れられる良いバッグが出来上がったと自負しております。

一人一人が、かけがえのない存在

エールックを香川の代表企業に育て、メイドインジャパンを世界に発信することで地域や社会に貢献したいと考えています。そのために、まずは働いてくれている社員に、業界でトップクラスの給料を払えるようになりたいです。作業工程を分担し、みんながいて初めて1つのものづくりができるエールックは、一人一人がかけがえのない存在。これからも長い長い歴史を紡いでいくために、私はトップとして適材適所・働きやすい環境づくりに努めてまいります。

エールック株式会社

明治時代より続く手袋の一大産地・東かがわで1933年創業、革製品の製造を中心に80年以上ものづくりを続ける。地元の特産であるオリーブを取り入れた”オリーブレザー”バッグは、独特の風合いが高い評価を受ける。業界では珍しい分業制を導入し、チーム一丸となりながら世界へ発信する工場を目指している。

所在地: 〒769-2602 香川県東かがわ市川東823
サイズ
①横幅 ②高さ ③上マチ
44cm 16cm 9cm

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※但し、沖縄・離島の場合は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 10,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済の承認後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済の承認後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。
クレジットカード : VISA / MASTER / DINERS / JCB / AMERICAN EXPRESS
銀行振込
代金引換 : 代引き手数料全国一律 330円
AmazonPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は下記よりお問い合わせください。

メールでのお問い合わせ
info@factelier.com
電話でのお問い合わせ
03-5843-8786
受付時間
12:00〜20:00(火~金)
12:00〜18:00(土・日)