• カテゴリで探す
  • 価格で探す
  • 在庫で探す

“ふんわり軽くて暖かい”
国内屈指の工場が作った
「一生もの」コートがついに完成。

10年後も20年後も愛用したい、カシミヤブレンドのテーラードコートが完成しました。

手がけたのは、国内屈指のレディースフォーマルの工場「ソーイングアサヒ」。

これからの時代に欲しいのは、力まずに着られる高品質なコート。

フォーマルにも通用する上質さだけれど、決まったシーンでしか着られないものではなく、いつ、どんな時にでも体を暖かく包み込んでくれる。

この先の人生に相棒のように寄り添ってくれるコートです。

<特徴>

■メイドインジャパンの
 高級カシミヤブレンド生地使用

■ふわっと軽い着心地
 &動きやすさを考えた設計

■3WAYの着方が楽しめる

■印象的なバックスタイル

■仕立ての美しさは
 ソーイングアサヒならでは

■これ1着で、フォーマルもカジュアルもOK


それでは一つずつ見ていきます。

■メイドインジャパンの
 高級カシミヤブレンド生地使用

うっとりするような艶と、ふんわりとした柔らかい生地が魅力のこのコート。

使用したのは、日本最大のウール産地「尾州」で作られた生地。

厳選された上質なスーパー100’Sクラスのメリノウールとカシミアをブレンドした素材です。

スーパー100'sクラスというと、スーツ用の生地にも使用されるほどの糸の細さ。この糸をコートに使用することで、軽く、きめ細やかで肌触りも滑らかな生地に仕上がります。

このメリノウールにカシミヤをブレンドし、やわらかな風合いと暖かさをプラスしています。

織りあがった生地には特殊な加工を施しています。

エイジングと起毛を複数回くりかえす加工を施すことで、ふっくらとした膨らみのある、柔らかい生地に仕上がるんです。

さらに、毛足が繊細になるため、生地の表面にツヤがうまれます。

この加工は手間とコストがかかるため、一定以上のクオリティの生地にしか施されることはありません。つまり、今回の生地はその基準をクリアした上質素材ということ。

カシミヤならではのこっくりとした光沢と特殊加工、生地の柔らかさが合わさって、うっとりするような美しいドレープを生み出します。

■ふわっと軽い着心地
 &動きやすさを考えた設計

このコートを羽織った瞬間、つい口にしてしまうのが「軽い!」という一言。

ファクトリエの全女性メンバーが試着をしましたが、全員がその軽さに驚いていたほど、とっても軽いんです!

きちんとした仕立てのテーラードコートはずっしり重いものが多く、「重くて肩が凝るからあまり袖を通さなくなってしまった…」というご経験もあるかもしれません。

このコートは、そんな常識を覆します。その重さは約800g。だいたいお豆腐2丁ぶんくらいの重さです。

羽織った時の感覚としてはカーディガンを羽織ったくらいの重さで、見た目から想像するような重さは全く感じません。

軽いだけでなく、動きやすさも考えて作られています。肩の縫い目にご注目ください。

前側は体の肩の線に合わせて真っ直ぐ袖付けされるセットインスリーブに、後ろ側は肩の可動域に合わせて斜めに袖がつくラグランスリーブになっています。

正面から見た時にはすっきりと見えて、それでいて肩まわりの運動量はきちんと確保されているから動きやすい。”きれいさと実用性の両立”にこだわりました。

「十分な腕の運動量をキープしながら袖付けを美しく見せる工夫をしております。」(デザイナー・林さん)

さらに、袖にボリュームのあるものを中に着ても窮屈にならないように、パターン作成の段階から中に分厚いものを着用し、ゆとりが出るようにお作りしました。

袖にも裏地がついていて滑りもよく、つっかえがありません。ローゲージニットやジャケットなども難なく着られますよ。

■3WAYの着方が楽しめる

着方のバリエーションが多いのもこのコートの魅力。
お好みや着用シーンに合わせて、1着で色々な雰囲気を楽しんでいただけます。

1.チェスターコート風に着る

一番シンプルなのは、前のボタンを留めて着る着方。

すっきりとした縦長のシルエットで着られます。

ウエストベルトは垂らしておいてもいいですし、ポケットに入れてもOK。取り外し可能なため、外してしまっても大丈夫ですよ。

2.襟を立てて着る

襟は立てても、折り曲げてもOK。

ストールやマフラーをするときに邪魔にならないよう、襟の高さは控えめになっています。すこし小ぶりの襟なので、立てても大袈裟になりません。

襟を立てて着ると、ニュアンスのあるクールな雰囲気に。首の後ろまでカバーされるのでとても暖かいです。

3.ローブコート風に着る

ウエストベルトを結ぶと、ローブコートとして着られます。

上の写真の左は、ボタンを外して前をぎゅっと重ね合わせてベルトを結んだ状態。前がしっかりと重なって風が入って来るのを防げるため、寒い時にはこの着方もおすすめ。

上の写真の右は、ボタンを留めた状態で上からゆったりめにベルトを結んでいます。少しラフな印象になるので、カジュアルスタイルにもよく合います。

■印象的なバックスタイル

このコートのチャーミングな部分は「後ろ姿」です。
背中に入れたプリーツが、印象的なバックスタイルを演出します。

動いた時にふわっと広がるプリーツがとてもエレガント。360°どこから見ても素敵なコートに仕上がっています。

■仕立ての美しさは
 ソーイングアサヒならでは

このコートを手がけたのは、国内でも最高水準の技術を持つ工場「ソーイングアサヒ」。

ファッション業界の中でも特に高い品質基準が求められる高級既製品やデザイナーズブランドのジャケット、ドレス、コートなどを作り続けています。

このコートには、そんなソーイングアサヒならではのこだわりがたくさん詰まっているんです。1つずつご紹介していきましょう。

フォーマルで鍛えられた
アイロンワーク

洋服を作る時には、縫製したあとに必ずプレス作業が行われます。

この「プレス」とはシワを伸ばすだけでなく、服の形を整える作業の事。先ほどご紹介した背中のプリーツも、このプレスによってビシッと真っ直ぐに美しく整えられています。いうなれば、服の魅力を最大限に引き出す作業が「プレス」です。

中でも生地を縫製箇所からきれいに開くようにプレスすることを「割り作業」と言い、「今回のコートは割り作業がとくに大変だった」と工場の社長・高橋さんはおっしゃっています。

さらに、「生地がいうことを聞かなくて割りづらい。でも、だからと言って強くプレスするとアイロンから蒸気が出て水ジミができる。中途半端にやっても割れたり割れなかったり、アタリが出たり…これは慣れが肝心で、職人の腕しだい。良し悪しが決まってきます。ブラックフォーマルのテクニックをうまく生かして丁寧に作っています。」とのこと。

フォーマルウエアを得意とするソーイングアサヒだからこそ、凛とした佇まいのコートに仕上がりました。

裾のパイピングで
どこから見ても美しく

裏側にも妥協はありません。

コートの裾部分の裏地をめくると、生地の端がきれいにパイピングされています。

一般的にコートの裾は「ルイスミシン」というかがりミシンで縫製されていることが多く、パイピングは施されていないものがほとんど。

ですが、このコートには「マイヤーミシン」という奥まつりミシンを使用してまつったあと、表地の端に生地を被せるパイピングを行っています。

縫製部分が見えてしまうことがなく、裏地がめくれてもきれい。脱いで腕に掛けた時やお店でコートを預けた時など、ふとした瞬間に嬉しくなる仕様です。

レディースコートには珍しい
内ポケット付き

レディースアウターには珍しい「内ポケット」が左側に付いています。両サイドのポケットにたくさん物を入れると膨らんで不恰好になってしまうため、そうならないように…という配慮から付けられています。

名刺入れや、ファクトリエで展開しているミニマルレザーウォレットは楽に入ります。
スマートフォンも大きいものでなければ入れられるくらいの大きさです。ぜひうまく活用してみてくださいね。

エレガントさを損なわない
「くるみボタン」

フロントのボタンには、表地と同じ生地でボタンを包んだ「くるみボタン」を使用。

前を開けて着用してもボタンが目立たず、コートに馴染むように工夫されています。

こういった、決して目立つことのない細部へのこだわりのひとつひとつが、このコートの品の良さとなって現れています。

■これ1着で、フォーマルもカジュアルもOK

スーツを合わせたフォーマルスタイルはもちろん、休日にはパーカーやスニーカーなどのカジュアルアイテムを合わせても素敵です。

このコートがあれば、「フォーマルのための1着」は必要ありません。いざという時のための1着ではなく、毎日着られる上質なコートです。

■長くご愛用いただくために

大切なコートを長くご愛用いただくために、工場からアドバイスをもらいました。日常的に行うことで、虫食いや型崩れを防ぐ事ができます。

・1日着た後はブラッシングをして毛流れを整え、埃を落としてください。
・すぐにクローゼットに仕舞わず、風通しの良いところで湿度を逃がしてください。
・シーズンの終わりにしっかりとクリーニングに出してください。

ぜひ長くお召しいただきたいので、もし修理が必要になった時にはお気軽にご相談くださいませ。

■作り手からのメッセージ

「楽しんで着て欲しい!と思います。かちっとも見えるし、カジュアルにも見えるこのコートは汎用性が高いですよね。デニムに合わせてもいいし、お仕事でもいい。

「一張羅」という言葉は最近はあまり聞きませんが、その言葉にふさわしいコートだと思います。大切にしつつも仕舞い込まず、色々なシーンで着て楽しんでもらえたら嬉しいです。

とにかく素材がいいので、触ってもらって「あ、いいね!」って思ってもらえたら何よりです。」

洗濯絵表示

家庭での洗濯禁止
塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止
タンブル乾燥禁止
底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
ウエットクリーニング禁止

アテンション

・着用による毛並みの乱れは、軽くブラッシングをして整えて下さい。
・直射日光の当たらない、風通しの良い場所でハンガーにかけて保管して下さい。
・石油系のドライクリーニングをおすすめします。
・アイロンはあて布をし、軽くあてて下さい。
サイズ
サイズ表
①着丈 ②裄丈 ③バスト ④ウエスト
38 108cm 79cm 106cm 106cm
40 110cm 80.5cm 110cm 110cm
この商品を見た人は、こちらもチェックしています
最近ご覧になった商品

FACTORY

婦人服、紳士服、子供服の全てを手がける首都圏の大型工場

「高い品質基準をクリアできる技術力」

九十九里海岸に面する千葉県旭市。旭市は千葉県東部の中核都市であり、農業、漁業、工業、商業、医療といったあらゆる産業がバランス良く栄えています。温暖な気候に恵まれたこの地で私たちが事業を興したのは、1973年のこと。当時から現在に至るまで、ファッション業界の中でも特に高い品質基準が求められる企業様を相手にものづくりを行っています。

「人づくりが、ものづくりのベースになる」

私たちは、婦人服縫製業の中でいち早くスポンジングマシンを導入しました。スポンジングマシンとは、洋服に仕立てる前の織物を、服の素材としてベストな状態に修正する機械。このマシンを使って素材の探究を幾度となく繰り返し、さらにはカッティング、縫製、手縫い、プレスといった工程においても改善に余念はありません。ものづくりは人づくりから生まれるという考えのもと、20代前半のフレッシュな世代から60代の若々しいベテランまでが一丸となって日々技術を向上。勉強会の開催や国家試験受験の支援など、教育のバックアップにも力を入れています。

「約50名が在籍する首都圏の大型工場」

これまではブラックフォーマルの婦人服をはじめ、高級既製品やデザイナーズブランドのジャケットドレス、コート、ボトムスといったアイテムをメインで取り扱ってきました。近年では、紳士服のジャケットやコート、子供服のフォーマルジャケットやワンピースなども手がけているように、受け皿はどんどん広がっています。多種多様なアイテムをカバーできるのは、首都圏でありながらも、約50名のメンバーが在籍している大型工場だからこその強みです。

「ファクトリエとブランド力を高め合いたい」

私たちの課題は、マーケットに向けてものづくりの面白さを訴求し、そこで関心を抱いてくれた人材をしっかりと育成していくこと。この方向性を見出せたのは、ファクトリエとの取り組みが大きく関わっています。ファクトリエのビジネスモデルはアパレル業界に新風を吹き込むと考えており、私たちは応援団でありつつ、お互いにブランド力を高め合える存在でありたい。メリットもリスクも共有し、同じ立ち位置からあらゆる物事に対峙していける関係性を築いていきたいと思っています。

ソーイングアサヒ株式会社
ソーイングアサヒ株式会社

1973年に創業した当社は、20代前半のフレッシュな世代から、60代の若々しいベテランまで、約50名の社員が一丸となってものづくりに取り組んでいます。

【 送料について 】

全国一律550円(税込)
※沖縄県は1,650円(税込)
ご注文商品の合計金額が 20,000円以上 で送料無料となります。

【 配送について 】

ご選択の支払方法に応じ、以下のとおり発送手続きを開始いたします。
クレジットカード:クレジットカード決済手続き完了後
銀行振込:お客様による代金のご入金確認後
商品代引:購入手続完了後
AmazonPay:AmazonPay決済手続き完了後
PayPay:PayPay決済手続き完了後

発送手続き開始後から発送までのお時間は商品により異なります。
在庫のある商品のみのご注文の場合は通常、発送手続き開始から発送まで2~3日間ほどお時間を頂戴しております。
予約商品やオーダー商品が含まれる場合は全ての商品が揃い次第の発送となります。

※配送は原則、弊社契約のゆうパックでお届けします。
※発送後の日数は、配送地域、混雑状況等により異なる場合があります。
※お急ぎの際はご注文後に送られる注文確認メールへご返信ください。但し、ご希望に沿うことができないことがあります。予めご了承ください。
※営業所留めの発送は行っておりません。

【 お支払い方法について 】

お支払いは以下の方法で承っております。

クレジットカード
銀行振込
代金引換(手数料全国一律 ¥330)
AmazonPay
PayPay

詳細に関しては、特定商取引法に基づく表記をご確認ください。

【 その他ご質問 】

よくあるご質問をご確認ください。
それでも解決しない場合は こちらからお問い合わせください。