• HOME
  •  > Factelier x Saki Fukuda 未来を、想う服

Factelier x Saki Fukuda 未来を、想う服

未来へ繋ぐ、
サステナブルなTシャツ

未来は自分の意思で選べる
そう語る福田沙紀さん想いのすべてをロゴに込めて
たった一度の人生だから胸がきゅんきゅんするファッションと
いま一緒に一歩踏み出そう
自分が選んだ服で、
地球の未来がほんの少しでも変わるとしたら、、?
考えて、着る。
それが今の自分にできる
ほんの少し、だけど意味のある「少し」の行動。

大好きな熊本とファッション
愛が循環するコラボへの想い

1990年に熊本で生まれた福田沙紀さんは、2004 年、ドラマ『3年B組金八先生』で女優デビュー。
以来、数多くの人気ドラマ・映画、舞台等に出演し、ますます活動の幅を広げています。
今回、なぜファクトリエとコラボしたいと思ったのかインタビューしました。
するとそこには熊本への驚くほど深い愛着とファッションが大好きという想いが溢れていました。

楽しみながら知っていける機会に

サステナブルっていう言葉がたくさん聞こえてきても、
自分ごとに落とし込むまでにはちょっと時間がかかったかなって思う
でもこのコラボレーションをきっかけに
楽しみながら知っていける機会になればいいなって
まず踏み出してもらってみんなと一緒に一歩一歩進みたい

熊本への愛と
ファッション好きの原点

中学2年生でデビューして上京したので、故郷の熊本から飛び立つのが早かったんですよね。
上京後も熊本への愛はむしろ年々より濃く積み重なっていて、やっぱり特別な存在でした。
長年お世話になった事務所を退社した後、熊本を拠点にすることも考えた程でした。
洋服が好きになった原点は、実は母が凄くファッションが好きな人で、小さい頃からいろんなお洋服を着せてくれて、髪もアレンジしてくれたりしてたからかもしれません。
ファッションは、やっぱり服によっていろんな自分になれるのが楽しいですし、大好きですね。

ファッションとサステナブル
未来は自分の意志で選べる

ファッションに限らず人生って選択の連続だと思うんです。
より良い選択を私達が自分の意思でチョイスできるということです。
最近はサステナブルって言う言葉を聞く機会は増えましたが、フワッと認識してるぐらいで、自分ごとに落とし込むまでには確かにちょっと時間がかかったかなって。
私もこの機会に学んで未来を見据えた選択を選んでいかないといけないって思ったんです。
今回、ファンの皆さんにとってもコラボレーションっていう部分だけにとどまらず、サステナブルっていうものも楽しみながら知っていただける機会にしたいなぁと思っています。
皆さんと一緒に考えていけたら嬉しいです。

愛が循環するTシャツを
たくさん愛用して欲しい

このロゴは「Saki」のSになんか気持ちが温かくなるような感じでハートを合わせました。ファクトリエさんとのバランスもすごくいいから、私としてもすごく気に入ってますね。
ここにたどり着く前もいろんなモチーフでデザインを40個くらい考えて、このS♡でも20パターンくらい書いたんですよ(笑)。
それでもうこれ以上着られないよってなったら、タグは想い出や記念としてとっておいていただいて、あとはまた地球や環境に良い形でTシャツに生まれ変わる。
今回だけで終わりではなく、このTシャツはその先の未来にもきちんと繋いでくれるTシャツで、本当に愛が循環されて繋がっていくと思っています。
ファッションとして大切なデザイン、着心地とかのこだわり、サステナブルへの想いもしっかり繋がっているので、たくさん着て愛用して欲しいです。

未来へ繋ぐ
サステナブルなTシャツとは

サステナビリティ・SDGsにおいてファクトリエだからできることは何か、そんな問いから提携国内工場の技術を結集して生まれたのがこの日本初となる水平リサイクルする「オーガニックコットン100%のサステナブルなTシャツ」。
シンプルだからこそ見た目や着心地には徹底的にこだわり、1枚でもキマる上質なTシャツが完成しました。
このTシャツをファッションとして楽しんでいただき、着なくなったら未来のTシャツの資源に。
そんな資源と愛がサイクル(循環)するTシャツです。