• カテゴリで探す
  • 価格で探す
  • 在庫で探す
  • 銀座フィッティングスペース営業体制の変更について

  • HOME
  •  > 自分の体から計測する方法

自分の体から計測する方法

自分の体から計測する方法

メジャーをご用意いただき、このページを一緒に見ながら、
パートナーに採寸してもらいましょう。

Step.01 首回りの計測

まず首回りを測りましょう。

首の後ろからメジャーを通し、喉仏の下あたりまでの長さを測ります。
この時、メジャーの角度が大切です。地面と平行にメジャーを当てるのではなく、前下がり気味に測ってください。
(ビジネスシャツの首の後よりも前の方が下がっていますよね)

首回りの実寸から、

・タイト目が好きな場合はプラス1センチ。
・標準は、プラス2センチ。
・ゆったり目が好きな方はプラス3センチ

して、シャツの首回りのサイズを選んでください。

Step.02 肩幅の計測

肩幅は、肩の先端にある骨が目印です。

首から肩にかけて指でなぞっていくと、途中から肩の骨があらわれます。この肩の骨が終わるところが先端。
左右のこの先端の長さを測ります。

この時、首の真後ろ=背中心を経由して測ってくださいね。

肩幅の実寸とシャツの肩幅の長さは、基本的に同じ長さで構いません。

Step.03 裄丈の計測

裄丈は、背中心(首の後ろの付け根の真ん中にある骨)から袖先までの長さのこと。
背中心には骨があります。
顔を下に向けると、骨が出てきますので、骨の中心にメジャーの0(ゼロ)を当ててください。

次に、そのまま、肩の先端の骨までメジャーを進め、そのまままっすぐに手首のくるぶしまで計測。
くるぶしの山が終わるところまでを測ってください。
なお、左右で裄丈の長さが異なる場合があるので、左右の長さを計測しましょう。

実際にシャツの裄丈を決めるときは、実寸からプラス2センチした長さがおすすめです。
ファクトリエでは1センチ単位で裄丈を選べ、かつ左右で長さを変えることもできます!

Step.04 胸回りの計測

脇の下にメジャーを通し、地面と平行になるようにメジャーを進めてください。バストを1周した長さを計測しましょう。

オーダーするシャツのバストの目安は、

・実寸からプラス10センチ⇒タイト目
・実寸からプラス15センチ⇒ゆったり目


こちらを目安にしてください。

Step.05 ウエストの計測

おおよそ「おへそ」のあたりを計測します。

バストと同じ要領で地面と平行にメジャーを進めて、ウエスト1周の長さを計測。

オーダーするシャツのウエストの目安は、

・実寸からプラス10センチ⇒タイト目
・実寸からプラス15センチ⇒ゆったり目


こちらを目安にしてください。

Step.06 着丈の計測

背中心の骨に、メジャーの0(ゼロ)を当て、お尻が隠れるくらいの長さがおすすめです。
※ファクトリエではパターンオーダーのため、日本人の体形に合った着丈にしています。そのため、ほとんど着丈を補正する必要はありません。「がっしり体型で身長が低い」「身長が高いが首が細い」といったケースは補正が必要になる場合があります。

Step.07 カフス回りの計測

手首のくるぶしの山が終わった部分を、ぐるりと1周して計測してください。

オーダーするシャツの手首回りのサイズは、

・実寸からプラス4センチ ⇒ タイト目
・実寸からプラス5センチ ⇒ 標準
・実寸からプラス6センチ ⇒ ゆったり目(時計をする腕におすすめ)

時計をする腕のカフス回りを1〜2センチ程度大きくしたり、逆に反対の腕のカフス回りを細くすることもできます。