Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > 愛着、ふわふわ。育てるホワイトカシミヤマフラー

愛着、ふわふわ。育てるホワイトカシミヤマフラー

その巻き心地は、まるで羽毛。
首もとをふわふわと舞うように、
やさしい温もりで体をあたためてくれます。
このカシミヤマフラーの特徴は、
厳選した素材だけではありません。
羽毛からフェルト生地のような手触りへ。
使うことで変化する柔らかさこそ
このマフラーのいちばんの魅力と言えます。
育てるように愛用したい、
最高のカシミヤマフラーをご紹介します。

希少な1等級のホワイトカシミヤ

繊細で軽くて柔らか。保温性と保湿性の高いカシミヤは“繊維の宝石”と呼ばれています。カシミヤは、中央アジア周辺、中国やモンゴルなどの地域に生息するカシミヤ山羊の産毛を原料としています。通常の硬い毛の下に生える産毛は厳しい寒さと暑さの寒暖差に適応するためのもので、生え替わる時期に櫛で梳くなどして手間をかけて集めます。1頭から採れる量はわずか170g前後。生産数の少なさもカシミヤが希少だと言われる所以です。また、カシミヤは、繊維の細さ、長さ、異物の混入率によって、1〜9までの等級がつけられます。その最も希少な1等級のホワイトカシミヤを130g(ほぼ1頭分)使用しているのが“育てるホワイトカシミヤマフラー”です。

ニットの一貫生産というこだわり

カシミヤをよく知り、深く愛するニットメーカーのUTO(ユーティーオー)。こだわりは一貫した丁寧なものづくりにあります。岩手県にある自社工場では、企画から編み立て、リンキング、仕上げまですべての工程を行なっています。分業が基本のニットづくりにおいてこれはとても珍しいこと。「すべて自分たちで行なうからこそ手抜きができない。なぜそこまでやるの?と言われるほど手間をかけることが最高のものづくりにつながる」と、UTOの代表宇土(うと)さんは話します。珍しいのはそれだけではありません。工場で働く職人たちの平均年齢はなんと30代。50〜60代が当たり前の業界においてこの状況はとても貴重です。ニットづくりに深く関わることのできる環境で若手の育成ができること。これがUTOの最大の強みかもしれません。

カシミヤにストレスを与えない

最高品質の素材を使っても編み上がったばかりのカシミヤはガサガサとしています。ここからカシミヤらしい風合いを出すために行なうのが“縮絨(しゅくじゅう)”という工程。40℃ほどのお湯で洗いをかけて編み込まれてしまった細かな繊維を表面に起こす作業です。素材の毛質、外気温などの条件によって左右されるため、職人の知識や経験が必要になります。洗いの際に伸びやすい箇所にはしつけ糸で補強をするなど、経験を元にした丁寧な手間がUTOの仕事です。さらに、洗いの後の乾燥にもこだわりがあります。一般的に効率を考えて乾燥機にかけることが多いこの工程で、UTOは自然乾燥を選択。一日かけてゆっくりと乾かします。素材本来の風合いを活かすために必要以上の加工をしない。手間を惜しまず繊維にやさしい方法で仕上げることで最高のカシミヤ製品ができあがります。

UTOについて詳しく読む >>

”育てる”別次元のカシミヤニット

UTOの育てるホワイトカシミヤマフラーは、1gの産毛を26メートルに引いて撚りをかけた26番双糸のカシミヤ糸を大きくざっくりと編んでいます。繊細な糸は生地の強度を考えてハイゲージ(細かく密に)で編むのがセオリーですが、強度とのバランスを保ちつつあえてローゲージ(粗くざっくり)で空気を含ませるように編むことで別次元のカシミヤニットが誕生しました。感動するのはその羽毛のような軽さと温もりだけではありません。このマフラーの一番の魅力はその経年変化にあります。写真手前のグレーのマフラーは編み上がったばかりの1年目。そして写真左手のネイビーのマフラーはなんと10年目。上質なフェルト生地のようなふっくらした表情に変化しています。

あなたに似合う愛せる色を

長く愛用してもらうには自分に似合う色選びから。そんな想いをこめて単色カラーは15色、さらにストライプや、バイカラーなど、繊細なトーンの違いが楽しめる豊富な色を揃えました。男女共に人気なのは上品な色合いが素敵な“シャモア”。表情を明るく見せてくれるビビッドな“フーシャピンク”は女性にとても人気があります。また、タイミングが限られますがオーダーによる製作も受け付けています。カシミヤのオーダーは、自社で一貫した生産を行なうUTOだからできること。10年目のマフラーのように長く愛せるあなたに似合う色を見つけてください。

この冬、育てるカシミヤ1年目

高級なカシミヤと聞くと「繊細でお手入れが大変」というイメージを持つ方も多いかもしれません。そんな時、UTOの宇土社長は「お手入れはご自宅の洗濯機でOK」とアドバイスします(ドラム式はNG)。なぜならUTOでは“縮絨”工程で家庭用の洗濯機を使用しているからです。年に1〜2度、衣替えのタイミングで洗ってあげることで使用中に絡まった繊維がふわふわによみがえります。つまり“縮絨加工”と同じ効果が生まれるということです。10年目のマフラーもこうやって着用と洗濯をくり返しながら愛用されたものです。“育てるカシミヤ”というその名のとおり育てるように長くカシミヤに親しんで、ぜひ自分らしいマフラーの表情を楽しんでください。