すべての商品から探す
  • カテゴリで探す
  • 価格で探す
  • 在庫で探す

ZANTER(ザンター)

FACTORY

1951年創業のダウンウェアのパイオニア「ザンター」のあくなき挑戦
1951年創業のダウンウェアのパイオニア「ザンター」のあくなき挑戦

日本がまだ戦後まもなく占領下だった1951年。現東洋羽毛工業さんのウエア部門としてスタート。日本山岳会マナスル登山隊との共同研究によって国内初のダウンを開発されました。※ちなみに、ザンターは「山を登る人」という意味とのこと

1956年から現在に至るまで南極観測隊の羽毛装備を担当するという実績を誇ります。1973年には東洋羽毛工業株式会社よりウェア部門を分離独立して会社を設立。1978年、日本人初の北極点到達を成し遂げた日大北極点遠征隊に続いて単独で北極点到達を達成した植村直己氏の羽毛装備も担当しています。

リニューアルし続ける南極観測隊モデル
リニューアルし続ける南極観測隊モデル

表生地、ワッペン、ファスナー引き手はアップデートされていますが、南極観測隊が使用したモデルを今も大切に作り続けています。暖冬もあり、オーバースペックだと考えられることもありますが、寒さが苦手な方は、探検隊が愛用した「本物」を堪能してもらえたらと思います。

ダウンの生育に徹底してこだわる
ダウンの生育に徹底してこだわる

裁断から仕上げまで国内一貫生産にこだわり、素材には豊かな自然の中で約90日間生育された水鳥の羽毛を使用。市販されているダウンウェアの多くは、食肉用に飼育された生後45日前後の中ヒナ羽毛が使用されている。なぜなら中ヒナは肉質が柔らかく美味しいので、食用に最適であり、羽毛はその副産物だからです。

目線を変え、人を変え、徹底的にチェック

ザンターが主に使用している羽毛は前述した通り、自然飼育の環境下で、生後90日以上のダックから採取しています。現地農家にて成鳥になるまで広大な田んぼの中を自由に動き回らせる自然飼育の環境下でのびのびと大きく育てることで羽枝が密生した大ぶりなダウンボールになります。型崩れが少なく、多量の空気を含むことで優れた保温性と耐久性を実現しました。

脅威の暖かさを示す「800フィルパワー」
脅威の暖かさを示す「800フィルパワー」

国内工場の最新の機械、技術を使い、羽毛の品質を高めています。ダウンの品質を示す指標として「フィルパワー(FP)」という数値が用いられるが、ザンターの羽毛は800フィルパワー。一般的に600?700フィルパワーで良質とされ、700以上のものが高品質ダウンと呼ばれることからも、いかにザンターの品質が高いかがうかがえます。

国内で精製された極上ダウン
国内で精製された極上ダウン

ダウンボールが大きく暖かい空気を多く含み、形崩れしにくいのが特徴です。この上質な羽毛を国内で再度洗浄し、塵や汚れを除去。軽量特殊高密度素材の中袋に充填する製法により、保温性を高めるとともに羽毛の飛び出しを防いでいるのもポイントです。ザンターが主に使用するダウンは、60年にわたり羽毛布団を製造してきた東洋羽毛工業株式会社が精製しています。

ダウンについて精通するプロフェッショナルたち ダウンの品質、縫製、製品としての完成度を追い求める真摯な姿勢

また、働くメンバーも、「ダウン」についてのプロフェッショナルばかり。ダウンの品質、縫製、製品としての完成度まで精通しているからこそ、長く愛用できる1着となります。

株式会社ザンター
株式会社ザンター

1951年、現東洋羽毛工業株式会社のウエア部門としてスタート。日本山岳会マナスル登山隊との共同研究によって国内初のダウンを開発し、1973年に株式会社ザンターとして独立。1978年には日本人初の北極点到達を成し遂げた日大北極点遠征隊の羽毛装備を担当。

所在地: 〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2782