Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

KUSKA(クスカ)

FACTORY

日本最大のシルク織物産地、京都・丹後。オールハンドメイドネクタイ「KUSKA」
丹後ネクタイ
「日本人として、残さなければならないモノがある。」

京都駅から電車で約3時間。日本最大級のシルク織物の産地である丹後に、「KUSKA」は工場をかまえる。「伝統・ファッション・芸術」を融合させることをコンセプトに掲げ、シルクを活用したネクタイやストールなどを製作。糸づくりから染めまでにいたる全ての工程をハンドメイドで手がけている。商品の卸し先には一流店の名がズラリと並び、阪急MEN’S TOKYOや銀座松屋などでもコレクションを展開。ユナイテッドアローズ原宿本店のメンズ館が20周年を迎えた際には、アニバーサリーネクタイの限定発売を行った。

「ユナイテッドアローズに、飛び込み営業をしました。」
日本人として残さなければならないモノがここにはある

とある春の日、たまたま実家に帰省をしたときのことでした。自社工場の職人が1越1越を丁寧に手織りしている姿を見たとき、「日本人として残さなければならないモノがここにはある」とふいに確信したんです。それまでの私は、中学と高校は明徳義塾にて野球に明け暮れ、その後は東京の大学に進んだものの中退。以降はサーフィンの魅力に惹かれ、建設会社に勤務しながら、日本全国や海外をサーフトリップするという日々を送っていまし た。故郷のことよりも、外の世界に興味のベクトルが向かっていたわけです。

飛び込み営業でユナイテッドアローズに

ただ、自分が生まれ育った場所の価値に気付いた後は、何かに取りつかれたように織物の修行に没頭。自社の工場で1年間、みっちりと基礎を叩き込みました。当時は30歳。今思うと、人生のターニングポイントでしたね。そして32歳のときに代表取締役に就任。3代目としてそれまでの伝統を引き継ぎながらも、同時に新しいことにもチャンレジしたいと思っていました。飛び込み営業でユナイテッドアローズに何度も足を運んだのも、その一 環です。商品を認めていただき、初めて店頭に商品が並んだときは最高にうれしかったですね。

「1人辺りの生産数は、柄モノだと1日に2、3本。」
全て職人たちが手作業

「KUSKA」の特徴は、オールハンドメイドであること。生地の織り込みから縫製までを、全て職人たちが手作業で行っています。ここまでハンドメイドを徹底している工場は、世界を見渡しても1つか2つしかありません。手間はかかりますが、その分商品の完成度には大きな違いがあります。具体的なポイントを挙げると、まず立体的に仕上がること。機械のような強い力で引っ張るのではなく、手でゆっくり織っていくことによってシルク同士の摩擦を防げるんです。これは、フランスのジャガードや西陣織と同じ技法。色合いに関しても、5つの単糸を合わせて織り込むことで鮮やかさが増しますし、縦糸と横糸の組織によって独特の質感や風合いが出る。こういったさまざまな箇所に、昔ながらの手法を用いています。

最大の特徴は手織り

もちろんその分、生産量は少なくなります。無地だと職人一人あたりの製作数は1日に3、4 本、柄があると 2、3 本しかできません。ですが、「KUSKA」の最大の特徴は手織りであること。そのこだわりだけは絶対に譲れないんです。お客様に商品を手に取っていただくことで、古き良き日の技法が、現代のライフスタイルにも取り入れられることを伝えていければうれしいですね。今はネクタイやストールがメインですが、今後はオリジナルのテキスタイルで洋服もつくっていきたいと思っています。まだまだ、これからですよ。

クスカ
クスカ 株式会社

老舗手織りメーカー発の〈KUSKA/クスカ〉は、2010年2月に発足した新ブランド。絹織物の産地として最も有名な 京都・丹後にて、オールハンドメイドにこだわったアイテムを製織・販売している。「昔の織り技法で今のライフスタイル」を コンセプトに、"伝統・ファッション・芸術"の3つを融合させたコレクションを展開。糸作りから染め、織り、仕上げにいたるまで すべて手仕事にこだわることで、手織りの風合いを大切にしている。フレスコの手織りのネクタイやストールなど、 1日に限られた数量しか作ることのできない、希少性高く手の温もりを感じさせるアイテムを精力的に送りだしている。

京都府与謝郡与謝野町岩屋384-1