Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

IMAEDA(今枝メリヤス)

FACTORY

古き良き小口径丸編み機を守り続けるメリヤス工場
古き良き小口径丸編み機を守り続けるメリヤス工場
「“本物”へのこだわり」
「“本物”へのこだわり」

愛知県一宮市、かつて紡績・繊維産地の一大中心地として栄えたその地に今枝メリヤスはあります。当時は多くの工場が集積していましたが、日本の繊維産業の衰退に伴い工場の数も減少してしまいました。そのような状況下で私たちは安さや生産効率のみを追い求めるのではなく、質の高い“本物”を作り続けることにこだわり、今や創業70年を超える工場となりました。

「貴重な編み機と職人」
「貴重な編み機と職人」

「貴重な編み機と職人」多くの工場が大口径の編み機に設備投資を行い、生産効率を追い求め、いつの間にか小口径の編み機を扱える工場が少なくなってしまいました。今では私たちのように小口径の編み機を多く保有する工場は大変貴重だと言えるでしょう。しかしながら、機械さえあれば良いというものではありません。昔ながらの小口径の編み機は機械それぞれに個性があり、また工場の環境によっても出来上がる商品に差が出るため、蓄積されたノウハウと技術が必要なのです。それらを扱える職人を擁していることも私たちの大きな特徴です。

「ザックリと、そしてゆっくりと」
「ザックリと、そしてゆっくりと」

小口径の編み機は大口径の編み機に比べ、一度に使う糸の量も少なく効率は悪くなり、コストもかかってしまいます。しかしながら小口径の編み機で編み上げたものは非常に伸縮性に富み、ザックリと空気を含みながら、そしてゆっくりと編んでいくことで風合いが増し、ボリューム感が出ます。着用した際にとても着やすく身体にフィットするものが出来上がります。また天然繊維は繊細で編み機のスピードを早くできないものも多いため、小口径の編み機でゆっくりと編み上げていくことで素材の良さを十分に引き出すことができます。

「買ってよかったと思ってもらえる商品を」
「買ってよかったと思ってもらえる商品を」

私たちは常に「海外製品には負けない最高のものをつくる」という強い思いを商品に込めています。そして何よりもリピーターの方を増やすことを一番の目標にしています。買ってよかったと心から思ってもらえる商品を、そして長く愛される商品をこれからも作り続けたいと思っています。ものづくりというのはどうしても自己満足に陥りやすいものです。ぜひお客様には少しでも気づいたことがあれば何でも教えていただきたい。その貴重な意見を元に更なる品質の向上につなげていきたいと思っています。

今枝メリヤス株式会社
今枝メリヤス株式会社

かつて一大紡績・繊維産地として栄えた愛知県一宮市。その地で70年以上に渡って質の高いカットソー生地の製造を行ってきた今枝メリヤス。今では大変貴重となった小口径の編み機を多数有し、現在主流の大口径の編み機では出せない風合いや質感は多くのリピーターを生んでいる。

所在地: 〒491-0051 愛知県一宮市今伊勢町馬寄字西更屋敷15-1