Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > PROOFECT特集

PROOFECT特集

水・汚れ、全てを弾く。

PROOFECT

日本の職人とファクトリエが開発した
汚れないテクノロジー、
「プルーフェクト」。
水も、汚れも、きれいに弾きます。

PROOFECTの由来

ファクトリエ独自開発の「水・汚れ、全てを弾く」
汚れない加工「PROOFECT(プルーフェクト)」。
PROOFECTの名前の由来とは。

PROOFECT
〜汚れない加工のヒミツ〜

日本の職人とファクトリエが1年かけて開発し完成したのが、
ファクトリエ独自の汚れないテクノロジー、「プルーフェクト」。
その工程を少しだけご紹介します。

01 着心地の良い洋服をつくる

ファクトリエが大切にしたいには、何よりもまず、ずっと着ていたいほどの着心地。

ファクトリエが提携するのは、世界から認められた日本屈指の高い技術を持つ工場ばかり。

PROOFECTは、その職人とともに、極上の着心地にこだわった洋服を作るところから始まります。多くが生地の段階で加工しますが、ファクトリエは生地の持つ風合いを活かしたり、“縫製の糸まで汚れない” にこだわるため、まずは洋服を完成させるところが加工の第一歩です。

02 汚れない加工を施す

洋服が完成したら、いよいよ“汚れない”加工をかけます。

独自配合のテフロン™溶液に、職人が手で洋服を漬け込んでいくのですが、これがまたひと手間。まずはムラのないようしっかりと手で溶液をもみこみ洋服全体に染み渡らせます。それから、何度もテストした結果、職人が見極めた一番きれいに弾く時間だけ、きっかりと漬け込みます。

一度に大量の加工できませんが、だからこそ、糸の1本1本までしっかりと汚れを弾いてくれます。

03 “汚れない”を半永久的にする

汚れない加工だけでは、溶液が徐々に流れ出てしまい、いずれは汚れるようになってしまいます。

それを半永久的に汚れないようにするための加工工程が「ベーキング」という加工。

汚れない加工がされた製品を一枚つずつ機械に乗せ、度重なるテストの結果導き出した最適な温度と時間で、溶剤を焼き付けていきます。

これもまた大量にはできないものの、こうすることでテフロン™は固着し流れ出なくなるため、半永久的に”汚れない”が実現します。

汚れを弾く、
ミクロの世界

そもそも、なぜ汚れない加工「PROOFECT」は、
汚れを弾くのでしょうか。

ミクロの世界でご説明します。

汚れを弾く生地

水を掛けると、ドーム型にしっかりと弾いてくれる生地。しっかりとPROOFECT加工されている証です。

生地を織りなす糸

生地をマイクロカメラでズームインすると、生地を織りなす糸が見えます。糸の隙間があるので湿気がこもらないのも撥水のメリット。

糸1本1本にまで加工

糸をズームインすると見えるのは、テフロン™分子。分子が糸1本1本にみっちり立っているので、分子より大きい汚れを弾いてくれるのです。

PROOFECTのケア方法
〜“弾く”が復活!〜

PROOFECT加工のシリーズを日常でお使いいただくうちに、
「あれ?前より弾かなくなった?」と感じることがあるかもしれません。

でもご安心ください。

“汚れを弾く” は簡単に復活します。

弾きが弱くなる理由

度重なる摩擦などでテフロン™分子が倒れてしまうと、分子の隙間が大きくなります。 すると、そこに汚れが入りこみ、弾きにくくなってしまうのです。

アイロンをかける

弾きにくくなった時のケア方法は、お手軽で簡単です。洋服の生地の裏からアイロンを当てるだけ。スチームなしで中温〜高温がおすすめです。

“汚れを弾く” が復活!

アイロンの熱を当てることで、テフロン™分子がまたしっかりと立ってくれます。そうすることで、また“弾く”が見事に復活します。

水・汚れ、全てを弾く。

PROOFECT

by Factelier

ファクトリエのPROOFECTシリーズ