Close
  • FACEBOOK
  • Twitter
  • Youtube
03-5843-8786
Tue - Sun 12:00-20:00

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > プレミアム杢Tシャツ

プレミアム杢Tシャツ

ファクトリエと品質の高いものづくりにこだわる工場 今枝メリヤスは、去年より共同でTシャツづくりに取り組んできました。私たちがつくるTシャツとはどのようなものであるべきか、まずは、ものづくりの心が宿るものを探りました。

注目したのはものづくりの心がいきていた時代のヴィンテージTシャツ。 色の違う綿を荒く混ぜ合せた糸で編むことで、単調ではない色の模様を作っているのが特徴です。 この生地には素朴な風合いがあり、職人による手仕事のあたたかみやこだわりを感じることができます。 ですが、当時の製法は技術者が未熟なため糸がよれたり(ねじれたり)、強度が足りない、といった問題もありました。 古き良き時代のものづくりに、Made in Japan ならではの緻密さや品質の良さを掛け合わせることで、 より良いものを目指す職人の精神を継承したTシャツができないか。開発がスタートしました。

重要な要素である生地は色味や質感にこだわり、試行錯誤を繰り返しました。 従来の生地は単糸(紡績したままの一本の糸)で編まれていましたが、このままでは強度が足りません。 生地のもろさを解消するために双糸(2本の糸を撚り合わせて一本にした糸)に変更することにしました。 糸の太さや縫い方によって色の混ざり方が変わり、色合いが変わるため何度もサンプルをつくり検証を重ねました。

独特の風合いを継承するために考え開発したのが、白糸と黒糸を撚った糸に、スラブ糸(意図的に太さにムラを作った糸)をさらに撚り合わせた糸。 これを編むことで、風合いを再現しながら生地の強度を高めることができました。 さらに、よれを防止することにもつながりました。

縫製には、当時のスポーツウェアに施されていた「フラットシーマ」という縫製方法をそのまま採用しました。 現在のTシャツでよく使われている縫い方では縫い合わせた部分が盛り上がるのですが、 この方法ではフラットにすることができ、肌ざわりが良くなります。 手間がかかるため、現在では肌着や水着など、肌に直接触れやすい衣服の場合にのみ使われることが多くなっている技術です。

使っていくうちに変化する、生地の風合いを楽しんでほしい。という思いから、 縫製や生地は長くお使いいただけるよう、丈夫な方法を選びました。 普段、気軽に着るものこそ、"いいもの"を使っていただきたい、そんな想いから生まれたTシャツです。

「プレミアム杢Tシャツ」を開発した今枝メリヤス株式会社は、かつて紡績・繊維産業の一大中心地として栄えた愛知県一宮市にあります。 生地効率を追い求める服飾業界の風潮のなか「買ってよかったと思ってもらえる商品」を目指し、あえて生産スピードが遅く、現在では数の少なくなった 小口経の編み機を使用しています。この編み機を熟練の職人が扱うことで、他ではつくれない品質の良い製品を生み出しています。

プレミアム杢クルーネック
グレー
6,480 円(税込)

詳細を見る

プレミアム杢Vネック
グレー
6,912 円(税込)

詳細を見る