Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > 2015 私たちの新しい春 〜新生活スペシャルコンテンツ

2015 私たちの新しい春 〜新生活スペシャルコンテンツ

私たちの新しい春

春は「はじまり」の季節。

今回、ファクトリエを愛用いただく方々に、
それぞれの"新たな一歩"をインタビューしました。

いきいきとした皆さんのストーリーに、
春の息吹を感じていただけたら、と思います。

#01

新しいミシンの導入で更なる品質向上を

最近、新しい”針送り”ミシンを導入しました。
縫製というのは、2枚の生地を合わせて同時に縫って行くわけですが、通常のミシンでは2枚の生地のうち下の生地しか前へ送ってくれないため、上の生地は手で上手く送るわけです。 しかし、この針送りのミシンは針で上の生地も同時に送ることができるんですね。それによって2枚の生地のズレをほとんどゼロに抑えることができるようになりました。

この針送りのミシンを導入したことによって、さらなる品質の向上が可能になり、これまで以上に高品質のポロシャツをお客様にお届けできるようになると思います。作る側としても、非常に喜ばしいことですし、新しいミシンを導入できてよかったなと思います。これからもこれまでにない新しい高品質のポロシャツを作れるよう、挑戦し続けたいと思います。

#02

すべてが変わった一年の、新しいステップ

昨年、初めて子どもを出産してから、生活は一変。食事は、オーガニックでできるだけ添加物の入っていないものを、着るものも天然繊維を好むようになりました。母になった感想は、子どもの将来に責任感を持ったこと。進路は親にかかっていますし、一つ一つの決断に緊張しますよね。

一日中子どもといますが、自分の時間がないことへのストレスはありません。将来息子には、人生の中にたくさんの楽しみを見つけ出せる人間になって欲しいなと思います。人生っていいことだけではなく、もちろん辛いこともたくさんあります。そんな時に楽しめる強さを持っていて欲しいと思います。週末はゆっくり休むことが多かったけれど、いまでは家族で出かけるようになりました。

全てを子どもに注ぐ、この新しい生活を私なりに楽しんでいます。

#03

新しい仲間と新しい仕事

新しい仕事をはじめて早10ヶ月。大企業とベンチャーをつなぎ、新規事業や新商品を開発する、というのがミッションです。以前は経営コンサルタントだったので、似たタイプの仲間と働くことが多かったんですね。しかし、今のプロジェクトでは、デザイナーやエンジニア、コピーライターといった異なるタイプの人たちと一緒に動くようになりました。皆それぞれ頭の使い方からコミュニケーション言語まで全く違うのです。慣れていなかったので、苦労もしました。

なぜわざわざこんなに大変なことをするのか?というと、このような組み合わせのチームで動くことで、すぐにアイデアを目に見える形に落とすことができるからです。アイデアを絵や動画に落とし込んだり、プロトタイプをつくることは、これまでにない事業を作り出す上で、経営陣による意思決定を加速するためにも、現場を巻き込むためにも、とても効果的なんですね。私にはこれが一番大きな驚きであり、やめられない新しい働き方ですね。