Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > 工場ツアーレポート #03 | IMAEDA

工場ツアーレポート #03 | IMAEDA

FACTORY TOUR REPORT

#02 TFC FACTORY at TOYAMA

JULY - 2015

もうすぐ夏本番ですね。そんな夏の熱い企画として、ファクトリエが毎月開催する工場ツアー2015を特集します。
工場見学は、新たな発見と出会いの連続。普段は当選者限定の企画ですので、通常見られない「工場の裏側」を特別総集編として、ぜひご覧ください。

Factory Infomation

今枝メリヤス株式会社
愛知県一宮市

かつて一大紡績・繊維産地として栄えた愛知県一宮市。その地で70年以上に渡って質の高いカットソー生地の製造を行ってきた今枝メリヤス。今では大変貴重となった小口径の編み機を多数有し、現在主流の大口径の編み機では出せない風合いや質感は多くのリピーターを生んでいる。

Tour Report

ファクトリエでもすっかり定番アイテムとなった、「Factelier by IMAEDA」のメンズTシャツ。
夏はもちろんのことオールシーズン愛用できるこのアイテムを作る、愛知県一宮市に工場を構える今枝メリヤスさんに今回はツアーで訪問。
尾張一宮駅に13時集合。これが工場ツアー2回目という根っからのモノづくり好きな方や、地元愛知のモノづくりをぜひ見てみたい、と名古屋から車で参加する方など、個性豊かな面々が集まりました。

手動で編み機を動かしていただき、糸が編まれる仕組みを理解。数えきれない針一本一本が小気味よく上下し、糸から生地へと変わっていきます。

工場ツアー名物の体験は、自分が選んだ色の糸で「枕カバー」を作るというもの。
天井に設置された糸を自分好みの糸に置き換え、その糸を編み機につながれた糸に結び付けていきます。

今枝さんにやり方を教わり、一本ずつ結び付けていくのですが、この結び付けが甘いと編んでいる最中に糸が切れ、機械が止まってしまいます。大きな糸の束を20個程度交換するため、参加者全員でせっせと交換。ひとりが失敗すると大変。慎重に結び付ける参加者の目が印象的です。(ただ糸が切れるハプニングはやっぱり起こったものの、それも貴重な経験となりました)

セットした糸がどんどん編まれてこのようなきれいな“筒状”の生地が出来上がります。

写真をよくご覧いただくと、途中で柄が変わっているのがお分かりいただけますか?
セットした糸を途中で交換しても、一続きの生地が出来上がります。この後は生地を切って参加者それぞれに手渡されました。

今回は少人数制だったこともあり、お互いの枕カバーを褒め合いながら和気あいあいとしたツアーとなりました。

Factory Item

クルーネックTシャツ/ブラック
Factelier by IMAEDA
¥ 6,480 (税込)

Factelier by 今枝メリヤスのTシャツは、着心地の良さを一途に追究。素材にはオーガニックコットン史上最長の長さを誇る「アルティメイトピマ」を使用。編み地である天竺は小寸の編み機でテンションがかからないよう丁寧に編み上げました。