Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

MEMBER - ASAKURA

グラフィックデザイナー

朝倉克尚 / ASAKURA KATSUHISA

──ファクトリエで働こうと思った理由は何ですか?

初めて会社を訪れたとき、メンバーが楽しそうに仕事をしているのが印象的だった からです。アパレル関係の仕事に関わったことはありませんでしたが、事前に情報 を収集しているときから、 「工場 」「地域」「お客様」「自分たち」の四方が共に 良い未来に向かえるファクトリエの活動に対して興味を抱いていました。デザイナ ーの仕事は、商品や企業の良さに共感した上で、自分なりの表現に置き換えていく こと。ファクトリエなら、自分の表現が世の中のためになると素直に思えたのも、 入社理由の1つです。入社後は、毎日服を着ているのにもかかわらず、繊維や縫製の 知識など、知らないことがたくさんあることに驚きました。この業界はとても奥深 く、日々とても勉強になります。

──担当している業務について教えてください。

現在、部署として他にメンバーはいません。新たに立ち上がったばかりの部署なの で、業務の進め方もチーム編成もこれから決めていきます。案件によっては、他部 署のメンバーや外部パートナーと連携しながら進めることもありますが、場合によ っては企画からデザイン、コピー、撮影、レタッチまでを一人で行うこともありま す。これまでは15年以上グラフィックデザイン一筋だったので、本格的な撮影や長 文のコピーライティングは手がけたことがありませんでした。長く同じ業種に携わ ってきた身としては、経験したことのない職種のスキルを伸ばせるのは、とても新 鮮ですね。デザインのジャンルもグラフィックからWeb、空間と多岐にわたるため 、案件を通して新しい引き出しがどんどん増えています。

──今の業務でどんなところが楽しいですか?

主にはデザインに関わるディレクションや制作を担当しており、案件によっては工 場へ訪問して職人さんの話を直接聞いたり、お客様にインタビューしたりすること もあります。工場の方からは「ものづくりに対する想いや磨いてきた技術」などの 話を伺い、お客様からは「お気に入りの服への愛着や日本製品に対する期待」など の話を伺う機会が多いです。話を聞くたびにやりがいや楽しさを感じる一方、いい 制作物に仕上げなければならないと気を引き締めています。また、今までは制作プ ロダクションで働いていたため、同業種のメンバーと仕事をすることがほとんどで したが、ファクトリエのメンバーはそれぞれ異なる業界から集まっています。ディ スカッションを交わす中では、各々の価値観や感覚に基づく意見が出てくることも 多く、「そういう考え方もあるんだ」という発見があることも珍しくありません 。

──ファクトリエでどういった未来を実現させたいですか?

ファクトリエは「理念」「良い商品」「想い」が詰まった企業だと思います。ファ クトリエの存在や取り組みを多くの人に知ってもらうためには、発信するべきこと を自分なりにきちんと捉え、クリエイティブを通して魅力を正しく伝えていかなれ ばなりません。そのためには、もちろん個人としてのスキルアップも大事ですが、 良い制作物を生み出す環境づくりも同じくらい重要だと考えています。ブランドや 商品の良さを正しく伝えられる制作チームがあれば、事業により広がりをもたらせ るはず。自分が描く将来に向けて、ファクトリエにとって必要なことをクリエイタ ーの立場から一つひとつ積み重ねていきたいです。

ご応募をご希望の方は下記よりエントリーしてください。
みなさまのご応募を心よりお待ちしております。

エントリー