Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > ソーイングアサヒ

ソーイングアサヒ

千葉県旭市にある工場「ソーイングアサヒ」のものづくりは、さりげなくて繊細。 ひとつひとつの工程を妥協せず丁寧に取り組む姿勢は、Made in Japanが得意とする“誠実なものづくり”そのものです。 高い縫製技術をもつソーイングアサヒですが、実は縫製以外の工程にも手間ひまをかけ、製品を仕上げています。 今回は、一見しただけでは気づきにくい部分ですが、品質に確かな差がでる、縫製前の工程をご紹介します。

湿度や保管方法によっても伸縮する生地。 素材のコンディションが悪いと縫いずれができやすくなり、製品の出来栄えに大きな影響を及ぼします。 ソーイングアサヒでは、裁断をする前に30cm角にカットした生地サンプルをつくり、生地の状態を検査。 その結果をもとに「スポンジングマシン」という機械で熱や蒸気を加え、生地を良好な状態に調整します。

こちらがスポンジングマシン。この工程だけを他社から依頼されることもあるのだとか。

職人がスポンジングマシンを操り、生地に振動を加えながら蒸気を下部から当て、機械に通していきます。 その日の気温や湿度、素材の性質によっても変わる生地のコンディションを見極めるには、培ってきた経験と勘が必要。 加える熱量・蒸気・時間を計算し、生地の状態を整えます。

スポンジングマシンにかけられた生地は、熱や水分を飛ばすために丸1日寝かせます。

1日寝かせた生地は、CAMという機械によって各パーツの形に裁断されます。 ソーイングアサヒでは機械でひとまわり大きく裁断した生地を、職人の手でより正確に裁断し直しています。 この作業を行うことによって美しく、正確な寸法のパーツに切り分けることができます。 この裁断には熟練の技術が必要で、100人ほどいる職人のなかでもこの工程ができるのは現在4人のみ。 布の端切れも多くなるうえ、1着で何十パーツもの裁断が必要になるため、コストや手間を考えると非効率な工程です。 そのため、必要のない場合は再裁断を行わない工場も多いとのこと。 それでもこの工程を行い続けるのは、品質に対するこだわりがあるからこそ。

職人の手で裁断された、裁断面も美しい生地。ここで正確に裁断しておくと、その後の縫製もしやすくなり、高品質の商品が生まれます。

糸染ギャバジン
ステンカラーコート

59,400 円(税込)

ウールメルトン
ピーコート

69,660 円(税込)

スーピマ綿
トレンチコート

75,600 円(税込)

ウールメルトン
ピーコート

66,960 円(税込)

カシミヤブレンド
ロングコート

86,400 円(税込)