Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

TERUTA(テルタ)

FACTORY

プロダクトデザイナーと異色のタッグを組んだ老舗ニット工場「TERUTA」
「ずっと使える、お気に入りになるカーディガンを作りました。」

伝統あるニット工場と新進気鋭のプロダクトデザイナーのコラボにより流行に左右されないカーディガンが完成。ファッションデザイナーではなく プロダクトデザイナーとのコラボだからこそできた「商品」です。

「大正12年創業、ニットを編んで80年。」

これまでの伝統もあり、世界的に有名なブランドを作っていました。縫製に自信がありましたのでニットのブルゾンを手掛けるなどメンズに特化、 一時期は「テルタのジャケット」と言われるほど人気を博しました。

「従業員が、70人から20人に。」

1972年に秋田に工場を建設し、増産体制をとっていましたが不況やファストファッションの台頭により現在は70名いた従業員も20名ほどに減り、日本国内での生産はもう無理なのかと頭を抱えていましたね。

「自社ブランド立ち上げる。」

メイドインジャパンを守りたいとの思いから、墨田区主催の“ものづくりコラボレーション”へ参加。そこで典型プロジェクトを介し、角田氏と出会いました。角田氏との試行錯誤の中でようやく“テルタといえば”と言っていただける自信作ができたと思います。肩の編み方やリブの直線的なシルエットを出すのには大変苦労しましたが。苦笑。

「”ミリ単位”にまでこだわり抜いた商品。」

-角田氏-
長年愛用できるスタンダードなものが欲しいと思っていましたので、ファッションではなく「プロダクト」という視点からカーディガンと向き合いました。 直線的なシルエットを出すため、作っては修正の繰り返しで7、8回目でようやく納得いくものを作ることが出来ました。 日本はクラフトマンシップが素晴らしい。職人として良いものを作ろうという気持ちがありできないことも、できるための別の手法を考えていただけるのです。今後も形は変えず、一時的なデザインや価格ではない、本質的な「商品力」を磨いていきたいですね。

テルタ株式会社

1923年、創業者、照田政雄により、本所林町(現在の墨田区立川)に「照田メリヤス製造所」創業。
2011年には「REN PING」のメンズ・ラインで大連ファッション・ウィーク、ランウェイ・ショーの参加。
墨田発のファクトリー・ブランド「IKIJI」を精巧(株)、二宮五郎商店と共に発表した。

東京都墨田区立川 3-15-1
角田陽太 ・ かくだようた

1979年、仙台市生まれ。
2003年、渡英し安積伸 & 朋子やロス・ラブグローブの事務所で経験を積む。
2007年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)デザインプロダクト学科を文化庁・新進芸術家海外留学制度の
奨学生として修了。
2008年に帰国後、無印良品のプロダクトデザイナーを経て、2011年、自らのデザインスタジオ、YOTA KAKUDA DESIGN
を設立。Ligne Roset社をはじめ国内外のクライアントを持ち、様々な分野のデザインを手がける。

http://www.yotakakuda.com