Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > 【4/21(土)熊本マルタ号にて開催】インテリアライフスタイルブランド「FIL」×ファクトリエ

BLOG

2018.04.02
【4/21(土)熊本マルタ号にて開催】インテリアライフスタイルブランド「FIL」×ファクトリエ
 
ファクトリエでは、「世界に誇る日本のものづくり文化」に触れ、「良いものを大切に長く使う」というライフスタイルを感じていただける場として、ものづくりカレッジを開催しております。
今回は熊本県阿蘇にて、洗練された家具を手掛ける「Foreque」の代表の穴井俊輔氏とファクトリエ代表山田による対談イベントを開催いたします。


熊本県・南小国町。 黒川温泉の名で知られる人口約4,000人の町。世界の中でも珍しいカルデラがあり、
今も火山活動が続く阿蘇地域の北側に位置しています。
林業も盛んなその町に「Foreque」は拠点を置いています。

「Foreque」が2017年夏に発表した、インテリア・ライフスタイルブランド「FIL」。

阿蘇の美しい景観、訪問者を優しく受け入れる温かな心、そのような「自然と人・人と人」のつながりを重んじる文化や価値観を「Fulfilling life=満ち溢れた人生」というコンセプトで表現し
長く愛用することができ、人とモノの関係において深く強いつながりを生む製品作りに挑戦している想いをお話しいただきます。
■日本の林業の現状と「FIL」をつくった想い
穴井氏は、大学卒業後、全く異業種の東京のコンサルティング会社へ就職後、ご実家の穴井木材工場(林業)を継がれました。
そこからなぜまたあえて、社内ベンチャーとして株式会社Foreque(フォレック)を立ち上げられたのでしょうか。

日本の林業の現状と合わせてお話しいただきます。

ファクトリエ代表山田は、老舗の婦人服店に生まれ日本製の服に囲まれ育った幼少期。そこから感じたアパレルの現状への想いと通じるものがあるのでしょうか。
■ 「FIL」のデザイン性の高いものづくりについて
地元の特産小国杉を使用した家具を手掛けておりますが、木目にもこだわりを持っています。
素材だけでなく、デザイン性にもこだわり、デザイン性の高い商品はどのようにできているのでしょうか。
■南小国を盛り上げたいという想いと取り組み
東京に暮らしたこともある穴井氏が生まれ故郷のことを考えるようになり、今では地元の学生団体や、黒川温泉などとも協力して、南小国を知ってもらうためにイベントなどを開催されております。

目指している未来についてもお話しいただきます。
■日時
2018年4月21日(土)10:00‐11:30
■場所
熊本マルタ号

■タイムテーブル
09:45 受付開始
10:00 開会ご挨拶
10:05 トークショー
11:15 質疑応答
11:30 イベント終了予定

※会場にご来場頂いた順にお席のご案内となります。

■参加費
ファクトリエ会員 1,080円

■定員20名

■お申込み、参加チケット購入はこちらより
画像の説明文