Close

ファクトリエ - 世界に誇る「Made in Japan」

  • HOME
  •  > 【3/17熊本マルタ号にて開催】宮川洋蘭×ファクトリエものづくりカレッジ

BLOG

2018.02.28
【3/17熊本マルタ号にて開催】宮川洋蘭×ファクトリエものづくりカレッジ
 
ファクトリエでは、「世界に誇る日本のものづくり文化」に触れ、「良いものを大切に長く使う」というライフスタイルを感じていただける場として、ものづくりカレッジを開催しております。


今回は熊本県戸馳島にて、300品種の洋ランを栽培、お届けするサービスを行う、宮川洋蘭の宮川様とファクトリエ代表山田による対談イベントを開催いたします。
人口1,370 人の小さな戸馳島から 年間5万件以上の宅配を実現し、2007年に楽天市場にオープンした直営店舗「森水木のラン屋さん」は楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2017 特別賞、CSR賞受賞や経済産業省の中小企業(小規模事業者)300社に選ばれるなど、全国から注目される花農家さんです。
■5年がかりの洋蘭栽培
洋ランの栽培は苗から花を咲かせるまで3年〜5年かかります。
宮川洋蘭では「土作りの最初の3週間でこれからの5年間が決まる」、基礎となる土づくりから真心を込めて栽培しております。
発売まで5年の歳月がかかったミニ洋ランや枯れないボトルフラワーの開発など新しい試みをされています。
非効率と効率を掛け合わせた花農家としての挑戦をお伺いします。
■熊本から全国へ生産者の力を結集~五蘭塾~
元気な花で笑顔をお届けするという想いのもと、他にも様々な取り組みをされています。
そのひとつが、五年先の蘭を考え学んでいこうと1985年に戸馳島で生まれた洋ラン生産者のグループ、五蘭塾。五蘭塾を立ち上げた想いをお話しいただきます。
■地域の課題を解決する農家ハンター
「攻めるサイバー農家」といわれている宮川様ですが、くまもと農家ハンターの活動もされております。「農家ハンターとは」と疑問に思われる方が多いと思いますが、イノシシの被害に嘆いている25~40歳の若い農家が有志で集いイノシシ対策を行っております。そんな取り組みの現場に関してもお話しいただきます。
■登壇者プロフィール
有限会社宮川洋蘭 宮川将人(みやがわ まさひと)

小学校の卒業文集に書いた
「子供に喜ばれる仕事をしたい。世界一の花屋になりたい!」
このふたつの夢を実現するため自らサイバー農家と名乗り、持ち前の明るさで
生産者の情報発信やネット販売を積極的に行っている。

今は小さい島にある農園で100人がキラキラ働ける職場を目指しながら
地域活動も精力的におこなっている。中でも若手農家によるイノシシ対策
「くまもと☆農家ハンター」は地域課題の希望として全国から注目されている。

座右の銘 「笑う門には福来る」
好きな言葉「返事はYESかハイ」「絶好調」
■日時
2018年3月17日(土)10:00‐11:30

■場所
熊本マルタ号(熊本市中央区手取本町4-7)

■タイムテーブル

09:45 受付開始
10:00 開会ご挨拶
10:05 トークショー
11:15 質疑応答
11:30 イベント終了予定

※会場にご来場頂いた順にお席のご案内となります。

■参加チケット
一般 1,500円
ファクトリエ会員 1,000円

■定員20名

■お申込みはこちらより
画像の説明文